日本の観光地・宿北海道の観光地・宿 地図で場所を確認
函館市の夜景
函館市の夜景

函館市の見どころ 歩き方

 函館市は安政6年(1859年)以降貿易港、北海道南の玄関口として栄え、昭和初期の頃には東日本で東京、横浜に次ぐ規模の街だった時代もある水産観光都市です。また平成27年には新幹線が津軽海峡を渡り北海道まで開通する予定で注目を集めている都市でもあります。
 函館といえばなんといっても「百万ドルの夜景」と称される函館山から見た扇状に広がる市街地の夜景が有名。その他修学旅行の定番コースで戊辰戦争の舞台となった五稜郭トラピスチヌ修道院も函館観光では外すことができないスポット。また新鮮な北海の幸や古い歴史をもつ洋食店も他では味わえない函館の魅力のひとつとなっています。
 なお意外と知られていませんが市内各所で開催される朝市(「自由市場(新川廉売)」(新川町電停前)や「中島廉売」(堀川町電停前))は品揃えが多く安価な為地元の人も買い物をする隠れスポットであるほか、市内は温泉が豊富で公衆浴場のほとんどが温泉を利用してい温泉王国でもあるのです。 
 
函館市への交通・アクセス・駐車場情報・観光に要する時間

函館市へのアクセス・行き方
 函館市は北海道の玄関口となる交通の要所。青森県からは青函トンネルを通って新幹線が接続し、フェリーも青森市大間町から運航している。
 また市の中心部からほど近いところに函館空港があり、アクセスには不自由しない。
※函館のフェリーについては別途「青森・大間〜函館間のフェリー」を参照

交通(市中心部)
  青森市よりフェリーを使用し約4時間30分
  青森市よりJRを利用し約2時間30分
  青森県大間町からフェリーを使用し約1時間50分
  函館空港より車で約15分。
  東京羽田空港より函館空港まで約1時間20分

観光に要する時間
 函館市の主要な観光名所を全て巡るには丸1日は必要。
 周辺の有名な観光地である大沼公園等を併せて観光する場合は2日は必要となる。 なお函館市のレンタサイクルについては別途「函館市のレンタサイクル」を参照。
※函館市を組み込んだ北海道(道南)の観光モデルコースは別途「函館空港」のページを参照。

駐車場
 函館市の主要な観光地(五稜郭や函館山等)には駐車場が完備されている。ただしほとんどが有料。

日本三大夜景で有名な北海道の港町、函館市のおすすめスポット
夜景
函館市の夜景と月
市場
函館の市場
トラピスチヌ修道院
トラピチヌス修道院
五稜郭
五稜郭
元町
旧函館区公会堂
  

函館市の観光ランキング

1.函館山:日本三大夜景が見れる絶景スポット。

2.元町:異国情緒がただよう町の中心地。

3.八幡坂:函館市を見下ろすことができる。全国的にも有名な坂。

4.函館市電:観光には欠かせない便利な公共交通機関。

5.五稜郭タワー:戊辰戦争の舞台にもなった北海道を代表するランドマーク。

6.旧函館区公会堂:小高い丘の上にある洋館。ドレスを着ての記念写真が撮れる。

7.湯の川温泉:函館市郊外の温泉郷。

8.函館ハリストス正教会:元町の中心部にあるロシア様式の美しい教会。

9.立待岬:天気がよい日は青森まで見える南部の岬。

10.函館市青函連絡船記念館 摩周丸:青函連絡船が当時のままで残されている。

11.カトリック元町教会:夜にはライトアップされる函館山山麓の教会。

12.ベイエリア(金森赤レンガ倉庫街):港町函館のウォーターフロント。

13.外人墓地:外人墓地だが、景色の素晴らしいビュースポットでもある。
北海道の宿泊施設及び観光ツアー
函館市の温泉、旅館、ホテル等の宿及び観光ツアーについて

 宿は函館市や郊外の湯の川温泉を中心にホテル、温泉宿が多数ある。また車で30分ほどの所にある大沼国定公園も人気がある。
 観光ツアーは函館市や湯の川温泉の宿を中心にしたフリープランの他、札幌小樽方面をコースに組み入れたプランがメイン。

最安値航空券を探す
格安航空券の検索・予約を24時間リアルタイムで行うことができます。
(全航空会社対象)

函館市に一番近い空港は函館空港です。 また運航便は、 東京(羽田)、関西、名古屋(中部)、新千歳、奥尻、旭川釧路、丘珠便が運行しています。

函館市周辺の美味いもの 
毛ガニ
 主に北海道の太平洋側で採れる。旬は7月から10月。甲羅の中にはミソがいっぱい詰まっている。
毛ガニ
スルメイカ
 流れの速い津軽海峡に面した函館市で採れるスルメイカは、身が引き締まって絶品。旬は秋から冬。
 スルメイカ
海鮮丼
 主に新鮮なウニ、カニ、イクラ、エビ、ホタテ等を具材にした丼飯。別名三色丼ともいう。
 海鮮丼
 函館市周辺の祭・イベント 
湯の川温泉 いさり火まつり
 毎年8月の後半に湯の川温泉で開催される花火大会。灯籠流しも行われる。
 湯の川温泉 いさり火まつり

もらって喜ばれる函館のお土産

 函館土産の定番といえばトラピスチヌ修道院で作っている「バター飴」と「クッキー」です。これらは内容量も多いので職場のお土産には最適です。このほか要冷蔵となりますがトラピスチヌバターも根強い人気があります。 また函館は北海道随一の港町ですから特産の昆布やイカの加工品、朝浜茹でされたカニなども美味しく家族やお世話になっている方へのお土産に最適です。
函館市の観光ベストシーズン
 函館市の観光シーズンは6月から10月の間。特に8月から9月にかけては晴れた空が続き北海道らしい季節を体感することができる。なお寒さの厳しい冬場でも雪祭りやイベントが催されており、北海道グルメの旅であれば冬場でも十分楽しめる。また本州と異なり梅雨の無い北海道ではあるが函館の5〜6月は驚くほど濃霧の日が多く、せっかくの夜景も見れない日が多々ある。
北海道のおすすめスポット一覧  
北海道とはこんな所です 札幌市 函館市 大沼公園 小樽市 洞爺湖 北海道ってどんなところ? 
知床半島 支笏湖 層雲峡 サロマ湖・能取湖 屈斜路湖
摩周湖 阿寒湖 霧多布 野付半島・尾岱沼 釧路湿原
稚内市(宗谷岬) 富良野市 美瑛町 網走市



      
このホームページ「日本の観光地・宿」について
・「函館市の宿・観光・見所」は制作者達が実際に訪れた観光地・温泉の写真や感想の他に、その地方の観光団体等から提供された写真・資料を基に作成しています。
コピーライト プライバシーポリシー 著作者情報