日本の観光地・宿北海道の観光地・宿 地図で場所を確認
夜の小樽運河
運河の夜景

小樽市の見どころ 歩き方

 小樽市は江戸時代にニシン漁の漁業基地としたのが始まりとされ、明治以降は海運やニシン漁で栄え北海道一の商都となります。それに伴い金融業もさかんとなり「北のウォール街」と呼ばれた時期もありました。ちなみに小樽〜札幌間は日本で三番目に早く鉄道が開通した路線です。
 しかし現在は各航路の減少、ニシンの不良、周辺炭坑の閉鎖等で人口も減少気味となっています。とはいえ町の中には石造りの洋館やニシン漁で栄えた当時の繁栄が偲ばれる建物が数多く残され、華やかしき昔の面影を町中に残し異国情緒溢れる町となっています。
 小樽市の見どころといえば運河が有名で小樽運河は小樽観光には欠かせない観光スポットとなっています。また各博物館、資料館、記念館等も運河がある海沿いにあります。これらのアクセスにはレンタサイクルや公共交通機関を利用するのがベストで、車での移動は駐車場の関係から少々不便さを感じることがあります。また北部にあるオタモイ地区も観光スポットとなっていますが、アクセスは車の他、観光船でも行くことができます。 
 
小樽市への交通・アクセス・駐車場情報・観光に要する時間

小樽市へのアクセス・行き方
 小樽市は札幌市から西に約40kmほど行った場所にある。札幌市からは一本道で、JR、札樽自動車道、国道5号線が海岸沿いを併走して走っている。札樽自動車道の終点でもありアクセスにはあまり不自由はしない。主要な国道は国道5号線と393号線。
 また市内の港には新潟からフェリーが就航しており、北海道西側の海の玄関口ともなっている。

交通
 新千歳空港から車で約1時間15分
 新千歳空港から電車で約1時間10分
 札幌市中心部から車で約40分
 札幌駅からJRで30分
            
観光に要する時間
 市内の主要な観光名所を全て回るには最低でも約半日は必要。しかし時間帯によって風景が変わる運河を眺めたり、地元の美味しい寿司をまわったりすることを考えると1日時間を取ってゆっくりと観光してもらいたい。市内の見どころ散策については小樽駅前から散策バスが運行しているほか、小樽運河を中心とした市中心部の観光名所は小樽駅から2km圏内に集中しているので、徒歩(所要時間は約2〜3時間)やレンタサイクルで十分まわれる。
 ※小樽市のレンタサイクルについては別途「小樽市のレンタサイクル」参照。また観光船については別途「小樽市の観光船」参照。
※小樽市を組み込んだ北海道(道央)の観光モデルコースは別途「新千歳空港」のページを参照。

駐車場:市内の主要な観光名所には駐車場が完備されている。

運河が有名な異国情緒溢れる北海道の港町、小樽市の見どころ
小樽運河
夜の小樽運河
朝市
浜茹でカニ
夜景
小樽市の夜景
人力車
小樽の人力車
冬の観光
小樽冬あかりの路
  

小樽市の観光名所ランキングベスト12

1.小樽運河:小樽といえば小樽運河。詳細は写真サイトを参照。

2.おたる水族館:北の海の魚がいっぱいの水族館。

3.小樽オルゴール館:ノスタルジックなオルゴールの館。

4.小樽市総合博物館:その名の通り北海道の交通、歴史等全てがわかる博物館。

5.天狗山:北海道三大夜景のひとつがみれる展望台。

6.金融資料館:一億円の重さを体感できる資料館。

7.旧日本郵船株式会社小樽支店:日露戦争締結条約が結ばれた建物。

8.メルヘン交差点:市中心部の南にある五差路の交差点。

9.石原裕次郎記念館:ファンなら必ず訪れる小樽の名所(2017年8月末閉館予定)。

10.新南樽市場:地元の海産物が集まる市場。

11.北海道ワインギャラリー:市郊外にあるワインギャラリー。

12.小樽市鰊御殿:小樽の繁栄を支えたニシン漁の資料館。
北海道の宿泊施設及び観光ツアー
小樽市の温泉、旅館、ホテル等の宿及び観光ツアーについて

 宿は小樽市の中心部にホテルが多数ある。ほか郊外のニセコ、羊蹄山方面にリゾートホテルがある。
 観光ツアーは札幌市の宿を中心にしたフリープランの他、札幌市や函館、富良野方面をコースに組み入れたプランが多い。冬場はスキーツアーも多く企画されている。

最安値航空券を探す
格安航空券の検索・予約を24時間リアルタイムで行うことができます。
(全航空会社対象)


小樽市のアクセスに便利な空港は新千歳空港です。

小樽市周辺の美味いもの 
鶏の半身揚げ
 鶏を油でパリパリに揚げたもので、中はとてもジューシー。
 鶏の半身揚げ
寿司
 小樽の名物といえばやはり寿司。小樽市は北海道を代表する寿司所。
寿司
小樽市周辺のイベント、祭り
小樽がらす市
 毎年7月最後の週に旧国鉄手宮線跡地行われるイベントで40軒ちかくのガラス工房が出店しガラスのアクセサリーや器などを販売する。 
小樽がらす市

 小樽とロリータファッション

 運河や倉庫が建つ小樽の町並みは近世ヨーロッパを彷彿とさせる。かたや一方でフリルやレースで飾ったロリータファッションも懐古的な欧米文化への憧れから生まれた日本独自の文化。そしてロリータファッション発祥の地札幌。この3つのカルチャーを組み合わせて観光資源化に取り組んでいるのが小樽市と札幌市。最近はロリータファッションに身を包んだ愛好家を招いて小樽と札幌を案内したり、国の補助事業でツアーを企画したりとロリカワ(「ロリータ」と「可愛い」を組み合わせた造語)文化の普及に努めている。
小樽市の観光ベストシーズン
 小樽市は春夏秋冬一年を通して観光が楽しめる。特に冬は旬の魚が多く、また小樽市最大の観光スポットである小樽運河も雪化粧やライトアップでいっそう美しく見える。観光客も約45%が10月〜3月の下期に訪れており、そういう意味では冬場が一番の観光ベストシーズンなのかもしれない。ただし冬の寒さは本土とは比べようもないほど厳しく雪も多い。特に小樽は坂道の多い町なので坂道で滑って転んだり、車が動けなくなったりするのは日常茶飯事の事。現地の人でも苦労するのだから本土から旅行で訪れる方はそれなりの準備と心構えを持って訪れてほしい。
北海道のおすすめスポット一覧  
北海道とはこんな所です 札幌市 函館市 大沼公園 小樽市 洞爺湖 北海道ってどんなところ?
知床半島 支笏湖 層雲峡 サロマ湖・能取湖 屈斜路湖
摩周湖 阿寒湖 霧多布 野付半島・尾岱沼 釧路湿原
稚内市(宗谷岬) 富良野市 美瑛町 網走市  



      
このホームページ「日本の観光地・宿」について
・「小樽市の宿・観光【小樽の見所】」は制作者達が実際に訪れた観光地・温泉の写真や感想の他に、その地方の観光団体等から提供された写真・資料を基に作成しています。
コピーライト プライバシーポリシー 著作者情報