日本の観光地・宿北海道の観光地・宿世界遺産 知床
北海道の宿

知床 旅行記「温泉」


 知床半島は千島列島から連なる火山帯に属し、温泉資源の豊富なエリアです。知床西の玄関口ウトロは温泉の町として有名ですし、東の玄関口羅臼には天然露天風呂が多数あります。この他、知床連山には秘湯と呼ばれる野湯が点在しています。本ページでは知床エリアにある秘湯もしくは野湯を中心に紹介していきます。なお知床(ウトロ)地方の温泉宿をお探しの方は別途左のバナーから温泉宿をお探し下さい。 
 
 
岩尾別温泉
羅臼岳の北麓にある天然露天温泉。ホテル地の涯の敷地内にあるのだが無料で誰でも入浴可能。周囲は知床の原生林に囲まれ野趣味あふれる光景となっている。
入浴可能期間:冬期以外はいつでも入浴可能
駐車場:有り
地図で所在地を確認するhttps://goo.gl/maps/zGp0a

岩尾別温泉
熊の湯温泉
通年24時間入浴可能な羅臼川沿いに設けられた秘湯。強アルカリ性の泉質は入浴すると肌がすべすべになり地元の利用者も多い。お湯の温度はかなり高めだが、「そこがまた良いんだよ」と地元の方がおっしゃっていました。
入浴可能期間:午前5時〜7時は清掃の為、入浴不可。それ以外は24時間入浴可能。
駐車場:有り(20台)
地図で所在地を確認するhttps://goo.gl/maps/syX8w

熊の湯温泉
セセキ温泉
北の国から2002年のロケにも使われたことがある海沿いの青空露天風呂。階段を下りた目の前には国後島の光景が広がっている。干潮時のみ入浴可能となっている(満潮時は水没してしまう為)。
入浴可能期間:7月〜9月15日
駐車場:有り
地図で所在地を確認するhttps://goo.gl/maps/T5TXO

セセキ温泉
相泊温泉
通称「日本最東端の露天風呂」・・・というよりは最果ての温泉。漁港の敷地内にある海沿いの小さな小屋に浴槽が設けられている。湯の温度はかなり高く水で薄めないと入浴することはできない。台風など時化の日は事前に小屋を撤去している場合もあります。
入浴可能期間:4月下旬〜9月下旬の日の出から日没まで
駐車場:有り(6台)
地図で所在地を確認するhttps://goo.gl/maps/AYsRw

相泊温泉
カムイワッカ湯の滝
別途「カムイワッカ湯の滝」のページを参照。

知床及び周辺のおすすめスポット一覧
知床ってどんなところ? 世界遺産 知床の観光・宿 知床とはこんな所です
知床クルーズ 知床岬 ウトロ 流氷 知床八景
知床五湖 オロンコ岩 カムイワッカ湯の滝 オシンコシンの滝 フレペの滝
知床峠 プユニ岬 紅葉 知床横断道路 知床の光景
知床自然センター 温泉 知床博物館 道の駅 ウトロ
知床観光船 バス キャンプ場 知床ファンタジア  トレッキング


     
著作権情報