日本の観光地・宿北海道の観光地・宿 地図で場所を確認
層雲峡 銀河の滝
銀河の滝

層雲峡の見どころ 歩き方

 層雲峡は大雪山国立公園北部にある大渓谷で、石狩川を挟んで24kmほど断崖絶壁の光景が続く景勝地です。石狩川沿いにそそり立つ柱状節理(過去の噴火で噴出されたマグマが冷えて固まったもの)は、高さ200mほどあり様々な形をした大岸壁が立ち並ぶ大景観が広がっています。 
 層雲峡は渓谷美を楽しむ観光地の他、大雪山登山基地としての側面も持っています。いずれも層雲峡中心部にある層雲峡温泉が拠点となりますので温泉街を拠点として色々散策されると良いでしょう。
 ビュースポットは温泉街の東側1km圏内の所に集中しているので、歩き方としては温泉街から東の方角に向かって歩いて行けばほとんどのビュースポットを見ることができます。ただし大函と呼ばれるスポットについては距離がありしかも途中2kmほどあるトンネルを通らなければならないので車かレンタサイクルで移動した方が良いと思います。また温泉街にある大雪山ロープウェイはリフトを利用すると一気に黒岳7合目まで行くことができ、黒岳の山頂までは初心者でも徒歩で比較的楽に登ることができます。山頂まで行くかどうかは個人の判断にまかせますが、ロープウェイで山頂駅まで行き雄大な北海道の展望を見ておくことも層雲峡観光では忘れてはならない事のひとつです。
 
層雲峡への交通・アクセス・駐車場情報・観光に要する時間

層雲峡へのアクセス・行き方
 渓谷及び温泉郷は旭川市と北見市を結ぶ国道39号線沿いにあり、まず迷うことなくたどりつくことができる。ただし温泉郷周辺にはガソリンスタンドが無いので車で訪れる際には注意が必要。また紅葉の時期は大渋滞が発生する。

交通
 旭川紋別自動車道「上川・層雲峡IC」から車で約30分
 新千歳空港から車で約2時間30分
 札幌市から車で約2時間
 旭川空港から車で約1時間30分
 旭川市中心部から車で約1時間
 ※層雲峡行きのバスについては別途「層雲峡のバス」を参照。
           
観光に要する時間
 渓谷は延長24kmだが観光スポットとして有名な所はごく一部の区間(約2kmほど)。車では行けないところもあるが遊歩道が整備されており要所要所を車&徒歩で巡る分には半日あれば十分観光することができる。なお、レンタサイクルのサービスは温泉郷の宿やホテルで提供している所があるが、遊歩道の勾配がきつい為か、利用している人の姿はあまり見られない。
※層雲峡を組み込んだ北海道(道東)の観光モデルコースは別途「旭川空港」「紋別空港」「女満別空港」「帯広空港」の各ページを参照。

駐車場
 公共の駐車場は基本的に全て無料。ロープウェイ付近に大規模な駐車場が完備されており、渓谷沿いにも小規模な駐車帯がある。

大雪山国立公園にある大渓谷。層雲峡の見どころ
銀河の滝
新緑の銀河の滝
流星の滝
層雲峡 流星の滝
双瀑台
双瀑台
紅葉
紅葉の山々
大函(おおばこ) 
大函(おおばこ)
層雲峡の光景
新緑の山々
観光案内地図
観光案内地図

層雲峡及び大雪山周辺の観光名所ランキング

1.層雲峡ビジターセンター:層雲峡の自然・動植物を紹介している。

2.大雪山層雲峡ロープウェイ:大雪山の中腹まで一気に行けるロープウェイ。

3.層雲峡温泉:大雪山の麓にある北海道屈指の温泉郷。

4.大雪高原温泉:1年間の営業日が123日の温泉宿。

5.銀河の滝:日本の滝100選に選ばれている滝。

6.銀泉台:日本一早い紅葉が見られる場所。

7.流星の滝 :銀河の滝と並んで日本の滝100選に選ばれている。

8.大雪展望台(エスポワールの鐘):上川町郊外にある展望台。

9.大雪山:登山客に人気の北海道の名山。

10.アイスパビリオン:マイナス41度が体感できる氷の美術館。

11.層雲峡のキャンプ場:温泉が近くにあり登山客や家族連れにも人気のキャンプ場。
北海道の宿泊施設及び観光ツアー
層雲峡の温泉、旅館、ホテル等の宿及び観光ツアーについて

 層雲峡は大雪山の麓にあり周辺の宿泊施設は少ないことからほとんどの観光客は層雲峡温泉に宿をとることが多い。
 観光ツアーは層雲峡温泉を中心にしたフリープランの他、世界遺産知床阿寒湖をコースに組み込んだプランがある。
また冬の氷瀑まつり期間中のツアーも人気がある。

 最安値航空券を探す
格安航空券の検索・予約を24時間リアルタイムで行うことができます。
(全航空会社対象)


層雲峡に一番近い空港は旭川空港です。また運航便は 東京、名古屋(中部)、関西、新千歳函館が運行しています。

上川町周辺の美味いもの 
ニジマス
 大雪山系の豊かな湧き水で育てられたニジマスは北海道内でもトップクラスの水揚げ量・金額を誇る。
ニジマス
上川ラーメン
 大雪山から湧き出る水を用いて麺を打ちスープを作ったラーメン。味は特に決まってない。キャッチフレーズは日本一のラーメン。 
層雲峡周辺の祭・イベント 
層雲峡氷瀑まつり
 毎年1月下旬から3月下旬まで開催される冬祭り。氷で作られたオブジェがライトアップされる様は圧巻。
 層雲峡氷瀑まつり

層雲峡の魔女

 層雲峡はアイヌの人達の間では魔女が住む不吉な場所とされてきました。その魔女の名前は「パウチ カムイ(「カムイ」はアイヌ語で「神」の意)」といい層雲峡の大きな岩や崖はパウチが造ったものと信じられてきました。言い伝えではパウチは神様の世界に住む女神で着物を作る名人ですが、その一方で淫欲を司っていたので魔女扱いされていたわけです。
 このパウチは神様の世界にあるシュシュランベツという川の畔に住んでいて、そこではいつも裸の男女が踊っています。そしてパウチは時々人間の世界から人を誘拐してきては、この踊りの仲間に加えていくのです。そして最初は怖がっていた人も踊りに加わると段々楽しいのか怖いのか分からなくなってしまいまうといわれています。
 またある時上川地方を襲おうと層雲峡を筏で下っていた盗賊達が川に突き出た岩の上で裸になり歌を歌いながら踊っている女性を見かけます。この女性こそパウチカムイでその美しさに見とれていた盗賊達は舵を取るのも忘れ、筏は転覆し激しい流れの中に沈んで行きました。これはパウチが盗賊を退治しょうとしたわけではなく、ただ川を下るを困らせていただけだったそうです。
層雲峡の観光ベストシーズン
 層雲峡は春の新緑から秋の紅葉シーズン、また冬の層雲峡氷瀑まつりと一年中楽しむことができるが、一番観光客が多く訪れるのは「日本一の紅葉」と評される紅葉の時期。また冬は北海道でも内陸部に位置するため、寒さが特に厳しく訪れる際には厳重な冬対策が必要。
北海道のおすすめスポット一覧  
北海道とはこんな所です 北海道の観光地・宿 北海道ってどんなところ?
札幌市 函館市 大沼公園 小樽市 洞爺湖
知床半島 支笏湖 層雲峡 サロマ湖・能取湖 屈斜路湖
摩周湖 阿寒湖 霧多布 野付半島・尾岱沼 釧路湿原
稚内市(宗谷岬) 富良野市 美瑛町 網走市  



      
このホームページ「日本の観光地・宿」について
・「層雲峡の宿・観光・見所」は制作者達が実際に訪れた観光地・温泉の写真や感想の他に、その地方の観光団体等から提供いただいた写真・資料を基に作成しています。
コピーライト プライバシーポリシー 著作者情報