日本の観光地・宿東北の観光地・宿岩手県の観光地・宿
岩手県の宿

岩手県 旅行記「幽玄洞」


 幽玄洞は日本最古の鍾乳洞と推定される鍾乳洞で、観光案内や地図にもあまり記載されていない隠れた名スポットです。個人的な感想としては「狭い・多彩・神秘的」の三拍子。洞内は狭くて急な所も多々あるが、鍾乳石はとにかく神秘的で様々な形のものがたくさんあります。説明には「日本で一番多くの種類の鍾乳石がみられる」とありますが、これは過言ではないと感じました。岩手県には他に地底湖で有名な龍泉洞日本最大級の鍾乳洞といわれる安家洞等がありますが、日本最古の鍾乳洞である幽玄洞も前述した2つの鍾乳洞に負けず劣らす魅力のある鍾乳洞です。
 訪れる人は近くにある猊鼻渓を訪れた際に案内を見てついでに立ち寄ってみたという観光客がほとんどのようですが、もっとPRに力をいれ多くの人に見てもらうべきスポットなのではないかと思いました。

・営業時間:4月〜9月 8:30〜18:00(10月〜11月は17:00まで)、12月〜3月 9:00〜16:00 ※年中無休
・料金(入洞、展示館):大人 1,000円、高校生 700円、中学生 600円、小学生 400円
・所要時間:約30分
・駐車場:無料駐車場あり
地図で場所を確認する
入り口

幽玄洞の受付。休憩所も兼ねている。幽玄洞の入り口は後ろの山の中にあり出口はここから200mほど北に進んだ道路沿いにある。

幽玄洞の入り口
展示品

幽玄洞の入り口にある展示室に展示されている化石。幽玄洞は約3億5千年前に形成された地層内にあり、鍾乳洞からはウミユリや三葉虫、古代サンゴといった古生代の生物の化石が多く見つかっている。
幽玄洞の展示品
蓮華の壁

幽玄洞の出口付近にある蓮華の壁。滑らかなカーテンのような鍾乳石だが、専門的には「フローストン(流れ石)」と呼ばれ方解石の結晶が長い年月にわたって広がったもの。
幽玄洞 蓮華の壁
吐雲の竜

幽玄洞入ってまもなくの所にある吐雲の竜。右側に蛇そのもの形をした鍾乳石があり、ちょうど雲海から出てきた竜のようにも見える。
幽玄洞 吐雲の竜
一渇達磨

幽玄洞のちょうど中間地点付近にある一渇達磨。漢字が「一喝」ではなく「一渇」となっている。なにか意味でもあるとは思うのだが説明は無かった。
幽玄洞の一渇達磨
淨魂の泉

幽玄洞の入り口付近にある淨魂の泉。鍾乳洞のはるか下に泉が涌いているのだが、個人的には途中の岩から突き出ている魔物のような石の方が気になった。
幽玄洞 淨魂の泉
幽玄洞周辺のおすすめスポット一覧
岩手県とはこんな所です 岩手県の観光地・宿 岩手県ってどんなところ?
猊鼻渓 気仙沼市 中尊寺 平泉町 厳美渓
     
おすすめスポットの紹介