金閣寺 観光案「紅葉」



 金閣寺は紅葉スポットとしてはあまり知られていません、それでも訪れる観光客は紅葉の時期が一番多いそうです。これは周辺に龍安寺や仁和寺といった紅葉の名所が点在していることと、京都自体が紅葉の時期に一番観光客が訪れるので自然と金閣寺にも観光客が足を運んでいるのが大きな理由のようです。とはいえ金閣寺境内も庭園をはじめとして金閣の周りでは紅葉する木々が見られ、普段とは違った光景を楽しむ事ができます。なお紅葉時の金閣は普段とは逆の北側からの光景(金閣から鏡湖池にむかっての方向)が一番きれいなのだそうです。理由は普段通りに鏡湖池から金閣を見ても松ばかりで紅葉した木々は見られないからなんだとか・・・・。

紅葉の見頃 11月中旬〜下旬

金閣の紅葉


金閣の紅葉 金閣周辺の紅葉。金閣寺の裏山や鏡湖池は松や杉の木などの針葉樹が多いが、それでも所々で色づく紅葉した木々は金閣の光景を際立たせてくれる。



庭園の紅葉


金閣寺庭園の紅葉 金閣寺庭園の紅葉。鏡湖池を中心とした金閣寺庭園は紅葉の時期になると鏡湖池に金閣と共に紅葉した木々も映り込み普段とは違った光景を見せてくれる。

鏡湖池の紅葉


金閣寺 鏡湖池の紅葉 金閣寺鏡湖池の紅葉。質素で控えめではあるが紅葉した木々と庭園の松の木がほどよい風合いを醸し出しています。金閣寺では四季折々の光景が楽しめますが紅葉の時期は鏡湖池周辺が一番美しく見えるとされています。

昔は紅葉の名所だった金閣寺


 金閣が建てられる以前、西園寺家の別荘だった頃は金閣寺も現在以上に紅葉する木々が多く足利義満自身も紅葉を観に訪れていたそうです。現在のような光景になったのは足利義満が仙境の地として改築し松の木が植えられるようになった室町時代といわれています。