熊野那智大社 観光案内 「那智の滝」



 那智の滝は古来より神そのものとして信仰の対象とされてきた滝です。落差は133mもあり一段の落差では日本一の滝で日本三名瀑のひとつに数えられています。那智の滝の真正面は広場となっており、熊野那智大社随一の賑わいを見せています。またお滝拝所にいけば延命長寿の神水(滝の水)を飲むことができ、100円を払えば開運の御利益があるとされる杯を持って帰ることもできます。なお地図上では那智の滝と熊野那智大社は隣接しているようにも見えますが、実際は徒歩で15分ほど離れた所にあります(道中階段あり)。

那智の滝


那智の滝  那智の滝の光景。杉並木の参道を歩いていると遠くからでも滝の流れ落ちるとが聞こえ、音に導かれるまま進んでいった先に現れる那智の滝の神々しい姿には感動すらおぼえます。


那智の大滝 那智の滝を御瀧拝所舞台から眺めた光景。入場料は300円と有料ですが、爽やかな風と共に水しぶきが舞い、暑い夏の時期などは超おすすめのスポット。8月のお盆期間中や大晦日にはライトアップもされます。




しめ縄


那智の大滝のしめ縄  那智の大滝をアップで見た光景。よく見ると滝の上にはしめ縄が飾られています。おそらく滝から先は聖なる御神域であるという意味なのでしょう。


三重塔から見た那智の滝


三重塔から見た那智の滝 那智山随一の展望スポット「三重塔」から眺めた那智の滝。霞がかかった那智の原生林の奥に流れる滝の姿は、昔の人が滝に神様の姿を見たというのもうなずける光景です。