奈良県を旅してみよう



 十輪院は今も多くの信者がお参りする地蔵信仰の名刹です。創建は平安時代といわれていますが、本尊である地蔵菩薩の石仏龕(がん)が納められた本堂は鎌倉時代に建てられたもの。なお龕(がん)とは厨子のことで十輪院の石仏龕は岩の厨子に仏像を浮き彫りにした珍しいものとなっており、他に釈迦如来や弥勒菩薩等が彫られ、扉石などにも多くの仏像が彫られており薄暗い本堂から見ると幽玄な情緒を感じる石仏龕となっています。
 なお十輪院の宗派は京都の醍醐寺を総本山とする「真言宗醍醐派」。


拝観料
 高校生以上400円、 中学生300円、小学生200円  ※50名以上で団体割引あり

参拝時間 午前9時〜午後4時30分
 
休み
 月曜日(祝日の場合は火曜日)、12/28〜1/5、1/27〜28、8/16〜31

駐車場
 10台ほど駐車可能な無料駐車場あり

アクセス 近鉄奈良駅から徒歩20分

地図で場所を確認する奈良県奈良市十輪院町27

公式HPhttp://www.jurin-in.com/index.html





境内の光景


奈良町の十輪院 奈良町の一画にある十輪院。古い町並みが残る奈良町界隈にあって、古風なたたずまいの十輪院は完全に町の風景にとけ込んでいます。

本堂

十輪院の本堂  十輪院の本堂。丁寧に整備された庭園と雅で質素な本堂は、奈良にある他の仏教施設とは少々異なる趣を感じます。





まだまだあります奈良県の見所一覧


唐招提寺 法起寺 法輪寺 元興寺 奈良町 十輪院 新薬師寺 平城宮跡 橿原神宮 吉野山 大台ヶ原