• 東福寺を旅してみよう

     東福寺は東山月輪山麓の渓谷沿いにある禅寺です。一番の見どころは境内の渓谷に架かる通天橋からの眺めで特に渓谷一体に広がる紅葉の眺め京都でも随一といわれています。他にも1日かけてもまわりきれないほどの広さの境内には数々の塔頭や庭園、山門があります。禅の心を味わいながら散策すると良いでしょう。 
     また周辺の商店街は庶民的な下町の雰囲気が色濃く残る賑やかなエリアです。お総菜屋さん等もたくさんありますので、気に入ったお総菜を食べながら周囲を散策してみるのも良いかもしれません。
     なお余談になりますが東福寺の境内は非常に広いですが、実は桜の木は一本もありません。これは境内に桜が増えれば、遊興の地となり、「修行の妨げとなるので」との理由で、東福寺境内の桜すべてを切り倒したからと伝えられています。 

    地図で場所を確認

    東福寺ってどんなところ

    東福寺の拝観料・拝観時間

    拝観料 通天橋・開山堂拝観料 400円(小中学生 300円)
        方丈八相庭園拝観料  400円(小中学生 300円)
        ※その他境内は自由

    拝観時間 
     4月〜10月末    開門8:30  9:00〜16:00、受付終了16:00  閉門16:30
     11月〜12月初旬   開門8:00   8:30〜16:00 受付終了16:00  閉門16:30
     12月初旬〜3月末  開門8:30   9:00〜15:30 受付終了15:30 閉門16:00

  • 東福寺 観光(拝観)所要時間

     東福寺境内を全てまわろうとすると半日以上かかってしまいすが、通天橋周辺のみの散策の場合は約1時間程で十分。ただし紅葉の時期など行楽シーズンの休日は人混みが激しく、1時間では回りきれないうえに待ち時間に2〜3時間ほど要します。

    東福寺 おすすめの季節・観光ベストシーズン

     東福寺の観光ベストシーズンはなんといっても紅葉の季節。この時期の人混みはものすごく休日の参拝客の数の人数は3万人を超え、境内を散策するだけでも一苦労する。また周辺道路も観光バスが強引に路上駐車してしまう為、道幅が狭くなり激しい渋滞が発生し電車も混雑のせいで乗り遅れる事もあり、ある種お祭りのような状態となってしまう。このような人混みを少しでも避けたいのであれば春の新緑の時期などがお勧め。また市松模様に組み込まれた苔と敷石の方丈北庭の景観を楽しみたいのなら苔が水分をたっぷり含み青々しさを増す梅雨の時期がベストシーズンとなります。


京都の美味い物

京料理
京都 懐石料理 懐石料理や精進料理等技巧を凝らした繊細な料理。種類は多数あるがどれも上品で味わい深い。

豆腐料理
豆腐料理 水がきれいな京都では豆腐料理が有名。湯豆腐や湯葉料理等美味しい豆腐料理が楽しめる。

京都の漬物
京都の漬物 千枚漬けや京野菜を使用した京都の漬物はどこか上品な味がする。京都錦市場では漬物屋さんがたくさんある。 

京都の祭り・イベント 

祇園祭
祇園祭 京都の八坂神社で行われる日本を代表する夏祭り。期間は7月いっぱいと長いがメインは中旬の宵山〜御輿祭。

葵祭
葵祭 毎年5月15日に賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社で行われる例祭。平安貴族の古典行列が町を歩いていく。

時代祭
時代祭 平安時宮創設の記念事業として始まった祭り。毎年10月22日に京都御所から平安神宮まで時代行列が町を歩いて行く。


このホームページ「日本の観光地・宿」について

「東福寺の観光・宿」は制作者達が実際に訪れた観光地・温泉の写真や感想の他に、その地方の観光団体等から提供された写真・資料を基に作成しています。