日本の観光地・宿沖縄の観光地・ホテル 地図で場所を確認
首里城 正殿
正殿と御庭

首里城の見どころ 歩き方

 首里城は沖縄琉球王朝が15世紀から19世紀にかけて行政を司り、王族が生活をしていた城跡です。一番の見どころは日本、中国、東南アジアなどから入ってきた文化が融合し独自の文化を開花させた建築様式や文物だと思います。個人的には中国色が色濃く出ている文化のような気がしますが弁財天堂や円覚寺等日本の文化も垣間見られ沖縄独特の雰囲気を醸し出しています。
 歩き方ですが首里城がある首里城公園は地図を見ると広大な敷地内に網の目のように散策路が張り巡らされどうのようなコースで散策すればよいか迷ってしまいます。しかし基本的には守礼門、世界遺産の園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)、そして有料エリアである正殿は欠かせないスポットだと思います。またこの3スポットは入り口にある総合案内所から正殿までほぼ一本道となっていますので上記の3スポットを中心に周囲の池や庭園、門などを散策すればよいでしょう。
 
首里城へのアクセス・駐車場情報・観光に要する時間

首里城へのアクセス・行き方
 車で行く場合は那覇市北部を横断している県道29号線を首里城方面に進むと到着する。那覇市市街地から数qのところにあり、案内看板も出ているので迷わず辿り着くことができる。またモノレールで行く場合は終点の「首里城駅」で下車。駅から首里城までは徒歩で15分程だが、路線バスも運行している。

・交通
 那覇空港から車で約50分。
 那覇市中心部から車で約20分。
 那覇空港駅から首里城駅までモノレールで約30分(駅から首里城までは徒歩で15分)
           
観光に要する所要時間
 公園内を一通りまわるには1時間40分ほど要する。食事や買い物の時間を考慮しても2時間40分ほどあれば大体ほぼ全てのスポットを見ることができる。
 
・駐車場
 入り口である総合案内所の隣に大規模な有料地下駐車場がある。詳細については別途「首里城の駐車場」を参照。

・首里城散策マップ→「国営沖縄記念公園事務所

旅行中に台風と遭遇した場合→「沖縄で台風に遭遇したらどうする?」参照

450年間続いた琉球王朝の居城。首里城の見どころ
首里城 正殿
正殿
世界遺産 首里城
園比屋武御嶽石門
首里城公園
首里城公園
首里城の歴史
首里城の光景

公式HPを見る首里城公園

那覇と首里
 琉球王朝時代、都がおかれ琉球随一の賑わいをみせた古都首里。現在沖縄の県庁所在地は那覇市で街の中心部も首里の西側、つまりより海に近いエリアとなっています。では当時の那覇の様子はどうだったのでしょうか?那覇は古くから港町として存在しており王都首里のすぐ隣にあったことから琉球を代表する貿易港として栄えていました。しかし地形的には安里川と国場川、そして久茂地川に囲まれたデルタ地帯で、陸地というよりは無数の小島からなった港だったそうで、別名「浮島」とも呼ばれていました。そのような場所ですから治水技術も未熟な当時としては都など置けるわけもなく、高台である首里の地に都がおかれたわけです。
首里城の営業時間・入場料
・開館時間:有料エリア8:30〜冬17:30、夏19:30   
        無料エリア8:00〜冬18:30、夏20:30
・休館日:7月の第1水曜日とその翌日(有料エリアと駐車場が休業)
・入場料:大人820円、高校生620円、小中学生310円、幼児無料
最安値航空券を探す
格安航空券の検索・予約を24時間リアルタイムで行うことができます。
(全航空会社対象)


首里城のアクセスに便利な空港は那覇空港です。
沖縄の宿泊施設
那覇市周辺で人気のある民宿、ホテル等の宿泊施設
ランキングベスト3

リーガロイヤルグラン沖縄
沖縄県那覇市旭町1−9  
 宿泊費5,525円〜54,172円

ザ・ナハテラス
沖縄県那覇市おもろまち2−14−1  
 宿泊費8,300円〜81,240円

百名伽藍
沖縄県南城市玉城百名山下原1299−1  
 宿泊費54,000円〜181,440円

沖縄の美味いもの 
ラフテー
 皮付きの豚の角煮。もとは宮廷料理だったが、現在は観光店等を中心に販売されている。
 ラフテー
泡盛
 沖縄県で作られている蒸留酒。原料は米で度数は20度から30度。中には3年以上寝かせた古酒もある。
 泡盛
アグー豚
 沖縄在来の黒豚で、一般的に脂肪も含めた全体の食感がさっぱりしている。
 アグー豚
沖縄そば
 小麦粉で打たれた太めの麺と中華・和風スープが特徴。歯ごたえがあり食感や味はラーメンに似ている。 
 沖縄そば

首里城の祭り・イベント 
首里城祭
 琉球王国の首都だった首里の地で行われる古式ゆかしい祭。王朝時代の光景が現代によみがえります。
首里城祭
首里城(首里城公園)の観光ベストシーズン
 首里城公園は小高い丘の上にあり、公園内も坂道や階段がわりと多い。勾配はさほどきつくはないのだが敷地内は広大な広さで真夏の暑い時期の散策は汗をかきハンカチやタオルは必須となる。この為、首里城観光だけを考えれば(海水浴やダイビング等の他の沖縄観光は考慮せず)10月から3月辺りの比較的気温が低い時期が一番快適に散策できるベストシーズンではないかと思う。なお首里城祭や中秋の宴といったイベントは秋に行われている。
沖縄のおすすめスポット一覧
沖縄とはこんな所です 沖縄の観光地・ホテル 沖縄ってどんなところ?
宮古島 石垣島 久米島 竹富島 西表島
沖縄中部 恩納村 沖縄北部 名護市 沖縄南部 那覇市 首里城 沖縄のパワースポット
沖縄の世界遺産      


     
このホームページ「日本の観光地・宿」について
「首里城の観光・ホテル・見所」は制作者達が実際に訪れた観光地・温泉の写真や感想の他に、その地方の観光団体等から提供された写真・資料を基に作成しています。
コピーライト プライバシーポリシー 著作者情報