日本の観光地・宿東北の観光地・宿岩手県の観光地・宿 地図で場所を確認する
龍泉洞 地底湖
地底湖

龍泉洞の見どころ 歩き方

 龍泉洞は日本三大鍾乳洞の一つで、国指定天然記念物に指定されている鍾乳洞です。岩手県民に「他県の人に紹介したい岩手県の絶景スポットは」とアンケートで調べたところ第一位に輝いた所でもあります。見どころは洞内で3箇所ほど見ることができる地底湖。湖の深さ、透明度、そして水の美味しさと三拍子そろって最高クラスの地底湖はドラゴンブルーと称されまさに龍泉洞の代名詞となっています。洞内は一本道になっていますので散策ルートも案内にしたがって歩くこととなります。また龍泉洞から道路を挟んで反対側には「龍泉新洞」があります。ここでは地底湖を見ることはできませんが、鍾乳石の他に発掘された土器や石器も展示されています。なお余談ではありますが鍾乳洞の規模は龍泉洞より北に向かって20kmほどいった所にある「安家洞」の方が大きいといわれています (注:安家洞では地底湖を見ることはできません)。  
 
龍泉洞への交通・アクセス・駐車場情報・観光に要する時間

龍泉洞へのアクセス・行き方
 龍泉洞は三陸海岸にほど近い岩手県東部の安家の森と呼ばれる森の中にある鍾乳洞。主要な国道は盛岡市から三陸海岸に通じる455号線。国道455号線を走り岩泉町近辺まで来ると道路標識が出ているのですぐに分かる。
 なお台風をはじめとした大雨時やその直後は鍾乳洞内も増水し入場中止となる日もあり、特に2016年の台風10号の時のように長期間休業となる場合もあるので事前確認は必ず行ってください。公式HP→http://www.iwate-ryusendo.jp/

・交通
 盛岡市中心部から車で2時間20分
 JR盛岡駅からバスで2時間30分(JR山田線・岩泉線の岩泉駅まで)
 宮古駅から車で1時間10分
 東北自動車道盛岡南ICから車で2時間30分
             
・観光に要する時間(所要時間)
 洞内(地底湖)の観光には40分程度。新洞や清水川の遊歩道等も観光する場合は合計2時間ほど必要。また周辺には一大観光地である三陸海岸があるのであわせて観光すると便利(東日本大震災の被害は甚大だが宮古市から北は震災前同様に観光可能)。
※龍泉洞を組み込んだ岩手県の観光モデルコースは別途「いわて花巻空港」及び「盛岡駅」「北上駅」「宮古駅」の各ページを参照。

駐車場
 龍泉洞の道路を挟んで反対側にあるレストハウスに無料の大規模な駐車場がある。このほか龍泉洞から徒歩で5分ほどの所に「龍泉洞青少年旅行村」等大規模な駐車場が2箇所ほど整備されており、ハイシーズン時の休日でもなんとか駐車することはできる。

ドラゴンブルーの地底湖が見れる鍾乳洞。龍泉洞の見どころ
地底湖
龍泉洞 第2地底湖
鍾乳洞
ライトアップされた鍾乳石
レストハウス
観光センター
清水川
龍泉洞から流れ出る清水川
恋人の聖地
恋人の聖地
洞窟や周辺の光景
鍾乳石

龍泉洞の観光施設・営業案内
・営業時間: 午前8時30分から午後5時 ※5月から9月までは午後6時まで営業
          8月13日から16日は午前8時から営業
・営業期間:年中無休
・観覧料:龍泉洞(地底湖)・龍泉新洞科学館供用
      高校生以上1,000円、小中学生500円、幼児無料   ※団体割引あり 
・所在地:岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地

・龍泉新洞科学館
 地底湖がある従前の鍾乳洞の他に新たに発見された鍾乳洞。昭和42年に発見され龍泉洞からは道路を挟んで反対側にある。洞内には洞内で発見された石器や土器が展示され自然洞穴科学館として公開されている。なお龍泉新洞科学館内部の写真撮影は禁止されている。 
岩手県の宿
龍泉洞の温泉、旅館、ホテル等の宿及び観光ツアーについて

 龍泉洞周辺に温泉ホテルが数軒ある他、車で30分ほどの所にある三陸海岸の宮古市にもリゾートホテルがある。
 岩手県を代表する絶景スポットなのだが龍泉洞単体を取り扱ったツアーは数少なく三陸海岸のフリーツアーで足をのばして立ち寄るスタイルが一般的。
JRの新幹線・特急券をJR東日本えきねっとでお得に購入。
JRの新幹線・特急券を予約

龍泉洞に一番近い駅は岩泉駅です。またアクセスが一番便利な新幹線発着駅は盛岡駅です。
最安値航空券を探す
格安航空券の検索・予約を24時間リアルタイムで行うことができます。
(全航空会社対象)

龍泉洞のアクセスに便利な空港はいわて花巻空港です。 また運航便は札幌(新千歳)、大阪(伊丹)が運行しています。

岩泉町周辺の美味い物 
龍泉洞の水
 龍泉洞から湧き出るミネラルウォーター。現地ではペットボトルの他コーヒーやお茶として販売されている。
 
三陸海岸のウニ
 三陸海岸の北部はウニの産地。その三陸産のウニをたっぷりのせた丼や寿司、塩ウニは最高の味。旬は夏。
三陸海岸のウニ
いくら
 三陸海岸の北部は鮭の好漁場でありいくらもたくさん採れる。丼にして食べると美味。旬は秋。
三陸海岸のいくら
龍泉洞山ぶどうワイン
 岩泉町で採れたヤマブドウを使用したたワインで温度湿度が安定している龍泉洞内で半年間熟成させたもの。道の駅や岩泉町の酒販店で販売されている。
龍泉洞山ブドウワイン 宇霊羅
龍泉洞の観光ベストシーズン
 龍泉洞は鍾乳洞の為、外の気候の影響を受けず一年中観光できる。洞内の気温はほぼ一定の為、夏は涼しく、冬は暖かく感じられる。ただ周辺の三陸海岸や盛岡市等の観光地も併せて観光する事を考えると、やはり新緑の5月から紅葉の11月上旬までがお勧めの時期。
岩手県のおすすめスポット一覧  
岩手県ってどんなところ? 岩手県の観光地・宿 岩手県とはこんな所です
平泉町 中尊寺 毛越寺 厳美渓 龍泉洞
浄土ヶ浜 北山崎 鵜の巣断崖 不動の滝 二戸市
葛巻町 達谷窟 遠野市 八幡平 天台寺
御所野遺跡 猊鼻渓 安家洞 三陸海岸 久慈市
えさし藤原の郷        



      
このホームページ「日本の観光地・宿」について
「龍泉洞の観光・宿・見所」は制作者達が実際に訪れた観光地・温泉の写真や感想の他に、その地方の観光団体等から提供された写真・資料を基に作成しています。
観光スポット及び見どころ一覧 プライバシーポリシー 著作者情報