日本の観光地・宿東北の観光地・宿秋田県の観光地・宿川原毛地獄(大湯滝)
秋田県の宿

川原毛地獄 旅行記 「大湯滝」


 大滝湯は滝壺周辺で入浴が楽しめるほか滝の左側が天然の滑り台のようになっており、滝壺めがけて滑り込む事ができる。また崖の途中にも小さな滝壺がありそこでも入浴を楽しむことが可能。
 シーズン中は監視員が昼間常駐している。また大滝湯のすぐ脇には更衣室がありそこで着替える事ができる(入浴は水着の着用が義務)。泉質は強い酸性。この為、滝壺周辺では水しぶきが目に入った際に目が痛くなる。また体に傷がついているととてもしみる。
 ・泉質:塩酸酸性型強酸性泉で適応症、皮膚炎症、水虫等に効くとされている。  
 ・源泉温度 94.5℃
 ・PH : 1.41 
 ・入浴料 無料
 
川原毛地獄 大湯滝

 川原毛の大湯滝。駐車場から徒歩で15分位の所にある。滝の頂上から淡い緑色の温泉が流れており、滝壺は人がちょうど入れる位の大きさ深さだ。また向かって左側は滑り台のようになっていて滝の中腹から滑り降りれるようになっている。
川原毛地獄の大湯滝
大滝湯へ続く歩道

 川原毛大湯滝へ続く歩道。大湯滝へは徒歩でしか行くことができず、駐車場から15分の行程。渓流沿いの道を歩いて行くとやがて湯気が立ち上る大きな滝が見えてくる、それが大湯滝である。

大湯滝に続く山道
大湯滝で遊ぶ子供

川原毛大湯滝の滝壺近く。温泉の泉質のため渓流の水の色は淡い緑色になっている。大湯滝は源泉からは1kmほど離れており、温度は少々温めだが、夏の時期にはちょうど良い温度となる。この為、滝壺付近は子供達の格好の遊び場となる。
大湯滝で遊ぶ子供
大湯滝から流れる温泉

川原毛大湯滝を離れた所から見た光景。滝の落差は約20m。泉質は酸性で目や傷口にに入るととんでもなくしみるので注意が必要。なお大湯滝から下流は水温が低くなるので入浴には適さない。滝壺の前では若い女性が2人、温泉に入るかどうか迷っていた。
大湯滝から流れる温泉
大湯滝の更衣室

 大湯滝に設けられている更衣室。中はちゃんとした脱衣所になっており男女の部屋にそれぞれ分けられている。入り口には「湯沢市役所 なんでもやる課」と手書きで書かれたのれんがぶら下がっていた。
大湯滝の更衣室
川原毛地獄(大湯滝)及び周辺のおすすめスポット一覧
川原毛地獄ってどんなところ? 川原毛地獄の観光・宿 川原毛地獄とはこんな所です
日本三大霊場 川原毛地獄 泥湯温泉 川原毛地蔵菩薩 川原毛地獄温泉 観光案内地図
大湯滝 駐車場 横手市・湯沢市
 
著作権情報