札幌 旅行記


北海道開拓の村

 野幌森林公園にある野外博物館。北海道開拓時代の建物や産業、同時の暮らしをリアルに再現しています。北海道内には開拓時代を紹介する博物館、資料館は多いが、それらのほとんどがつらく過酷な開拓時代の苦労を紹介しているのに対してここ「北海道開拓の村」は明るくきらびやかな当時の様子を再現しているのが印象的でした。

営業時間
 10月1日〜4月30日
   午前9時〜午後4時30分 (入村は4時まで)
   毎週月曜日休村 
     (祝日、振替休日の場合は翌日が休村)
 5月1日〜 9月30日 
    午前9時〜午後5時
     (入村は4時30分まで)無休
入場料金
 4月〜11月 大人830円、大学・高校生610円
 12月〜3月 大人680円、大学・高校生550円
駐車場:有り400台(無料)。
地図で所在地を確認する
  →北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1

北海道開拓の村

札幌市の郊外にある北海道開拓の村。北海道開拓時代の建物がテーマ別に移築されているテーマパーク。施設は森の中の広大な敷地にあり、全てを散策するには半日ほど必要。
北海道開拓の村

開拓時代の光景

北海道開拓の村内にある開拓時代の家。当時は北海道から樺太にかけてこのような家が建てられたそうだが、実際このような恵まれた建物で生活できたのはごく一部の人達だったのだろう。
北海道開拓時代の家

鉄道馬車

北海道開拓の村内を走っている鉄道馬車。冬は馬ソリになり、北海道開拓時代の交通手段を体感できる。村内を代表する人気アトラクション。
北海道開拓の村 鉄道馬車

馬ソリ

北海道開拓の村の馬ソリ。夏は鉄道馬車を引いていた馬は冬になるとソリを引き村内を案内してくれる。最初は怖がっていた子供達も慣れてくると大はしゃぎしていた。
北海道開拓の村の馬ソリ

札幌市の宿をさがす

格安航空券・レンタカーを調べる



札幌市の見どころ一覧