札幌 旅行記


北海道大学

 北海道大学は「少年よ大志をいだけ」で有名なクラーク博士が教鞭をふるった札幌農学校が前身の大学。広大な敷地内には明治時代からの歴史ある建築物が数多く残され、レストランや北大オリジナルグッズを取り扱う店まであります。この為、大学でありながら札幌を代表する観光名所のひとつであり、市民憩いの場ともなっています。
 なお地元の方は「北海道大学こそ札幌一の観光名所ですよ」と言っていました。

地図で場所を確認する

北海道大学 札幌キャンパス

北海道大学札幌キャンパス。キャンパス内には小川が流れ芝生の広場や、エルムの森、ポプラ、イチョウ並木など緑が豊か。まるで広大な自然公園のようなキャンパス。
北海道大学札幌キャンパス

イチョウ並木

北海道大学のイチョウ並木は北海道大学病院の前にある東西約380mの道路のこと。道路の両側には約70本のイチョウの木が植えられ、紅葉が見頃となる10月下旬には見事な黄色のトンネルができあがり、ライトアップが行われたり、歩行者天国として開放されたりします。
北海道大学 イチョウ並木

中央ローン

北海道大学の中央ローン。ローンといっても債務の事ではなくサクシュコトニ川の両岸にひろがる芝生の緑地のこと。夏の暑い時期などは川で水遊びをする家族連れなどもよく見かける。
北海道大学 中央ローン

北海道大学総合博物館

北海道大学キャンパス内にある総合博物館。明治9年の開校以来蓄積されてきた研究の成果や北海道大学の歴史を紹介している。一番の見どころははるか昔に北海道の大地を駈けていたとされる恐竜「ニッポノサウルス」や「デスモスティルス」の標本展示。
北海道大学総合博物館

植物園

北海道大学にある「北海道大学付属植物園」。庭園、温室、博物館などにわかれており、一般市民が観賞用に訪れる他、教育、研究目的でもよく利用される植物園。
北海道大学付属植物園

大野池

北海道大学のほぼ中央部にある大野池。周辺は緑豊かな緑地となっており、夏には蓮の花も見られる。池の南側にはレストランや学食と思われる建物もあり、多くの人が行き交う所となっている。
北海道大学 大野池

札幌市の宿をさがす

格安航空券・レンタカーを調べる



札幌市の見どころ一覧