札幌 旅行記


大倉山展望台

 大倉山展望台は昭和47年に開催されたオリンピック札幌大会ラージヒルジャンプ競技の会場となった競技場。現在はジャンプ台のほかに展望台や土産店やレストラン、スポーツミュージアム(有料)が設けられ、北海道有数のビュースポットとなっている。

営業時間
 4月中旬〜 4月末  9:00〜17:00
 5月〜10月末     8:30〜18:00
 11月上旬〜 3月末  9:00〜17:00
 4月上旬〜 4月中旬 休業 
  ※ジャンプ競技や曜日の組み合わせで日にちは多少前後します。
リフト料金
 大人(往復)500円、小人(往復)300円
駐車場:無料の大型駐車場あり。
地図で所在地を確認する
  →札幌市中央区宮の森1274

大倉山展望台

大倉山展望台。札幌オリオンピックの時は90m級のジャンプ競技の会場となった。現在は競技場であると共に札幌市を一望できる展望所として観光客の人気を集めている。
大倉山展望台

札幌市の光景

大倉山から見た冬の札幌市の光景。昭和47年の札幌オリンピック当時も選手達は同じような光景を目の前にジャンプ競技に挑んだのでしょう。
札幌市 冬の光景

大倉山ジャンプ競技場

大倉山ジャンプ競技場の光景。ジャンプ台の前には噴水があるが、もしジャンプ競技に失敗した時、噴水のコンクリートにぶつかって怪我などしないか一瞬考えてしまった。
大倉山ジャンプ競技場の噴水

大倉山ジャンプ競技場。競技場の高さは307mで下から眺めるとその迫力は格別。一般の人が体験ジャンプするなど絶対無理だと思った。なお左に見えるのが展望台まで続くリフト。
大倉山ジャンプ競技場

札幌市の宿をさがす

格安航空券・レンタカーを調べる



札幌市の見どころ一覧