日本の観光地・宿東北の観光地・宿岩手県の観光地・宿天台寺
岩手県の宿

天台寺 旅行記「本堂」


・天台寺の沿革
  古代最北の地であった陸奥の国に建てられた天台寺は奈良時代の神亀5年(728年)に聖武天皇の命を受けて行基が開山したと伝えられています。行基は八峯八谷の当山を八葉山と名付け山中の桂の木を刻み本尊聖観音像としてまつりました。この聖観音菩薩は当山のシンボルで桂の木の根元から清水が湧き出ている桂泉にちなんで「桂泉観音」とも呼ばれています。
 その後古代最北の仏教の中心地として信仰を集め、現在天台寺にある59体の仏像のうち13体は平安時代のものと推測されています。また江戸時代には南部氏の庇護を受け大いに栄えましたが、明治時代には「廃仏毀釈」により貴重な堂舎や仏像、教典が多数失われ、以後衰退の一途をたどっていました。戦後になると復興運動が高まり、歴代の住職の尽力もあり現在の形まで復興を成し遂げる事ができたのです。

・天台寺の本尊
 桂泉観世音立像(けいせんかんぜおんりゅうぞう)
 天台寺創建と深く関わりがある桂の木と桂の下から涌く清水に由来する観音様。天台寺の観音様は境内の桂の木を刻んで彫られたもので、なかには開山者である行基が彫ったものも多数あるとされています。

 十一面観音立像(じゅういちめんかんのんりゅうぞう)
 その名の通り本体の顔以外に頭上に憤怒、慈悲など10もしくは11の顔を持つ菩薩様。観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、六観音の1つでもある。病苦、悪心などを取り除いてくれる御利益があるとされる。 
 
天台寺の旅
本堂

天台寺の本堂。境内では白い服を着た方々がお参りをしていた。天台寺は奈良時代に建てられた東北地方ではもっとも由緒ある寺であるが、建物そのものは他の有名な寺院に比べると小さめだ。
天台寺の本堂
参拝客

天台寺の本堂。東北地方最古のお寺のひとつである天台寺は緑深い浄法寺の森の中にあるが、参拝客は絶え間なく訪れる。本堂の左側に見えるのは天台寺収蔵庫で町の指定文化財が納められている。
八葉山天台寺の参拝客
お堂内の光景

天台寺のお堂内部の光景。天台寺は中尊寺山寺瑞巌寺等と肩を並べる東北天台宗の古刹だが、長い間荒廃していた時期があった為、寺社の造りは質素で慎ましやかだ。
天台寺 お堂内部
本堂の床下

天台寺本堂の床下。よく見ると土台の石と柱との間に隙間があり、木のくさびを打ち込んでいる。天台寺の復興費用として拝観料を徴収しているものうなずける光景だ。
天台寺の床下
天台寺のおすすめスポット一覧
天台寺ってどんなところ? 本堂 あじさい 桂泉(かつらしみず)・参道 仁王門 瀬戸内寂聴 天台寺とはこんな所です
月山神社 姥杉 長慶天皇陵 天台寺の社


     
著作権情報