日本の観光地・宿東北の観光地・宿秋田県の観光地・宿川原毛地獄(大湯滝)
秋田県の宿

川原毛地獄 旅行記


 川原毛地獄(大湯滝)は、秋田県湯沢市にある日本三大霊地の一つです(他青森県の恐山、富山県の立山)。807年に同窓和尚が開山したと伝えられていますが、現在は川原毛地蔵菩薩の他、小さなお堂がある程度。
 現在も活発な火山活動の為、草木が生えない灰色の山肌が広がり、周囲は硫黄臭が漂い至る所で蒸気が噴き出しています。
 川原毛大湯滝は落差20mの滝そのものが火山性の強酸性の湯という珍しい『滝の湯』。約1km上流の川原毛地獄付近から湧いている源泉と沢水とが合流し、渓流や滝壺のほぼすべてが天然露天の湯となっています。なお温泉の入浴適期は7月上旬から9月中旬とされています。
 
泥湯温泉側の駐車場(上の駐車場)

泥湯温泉郷側の駐車場。昔は露天なども出店していたような記憶があるのだが、この日はガランとしていた。川原毛地獄を観光するにはこの駐車場が便利だが、大湯滝に行くには下の駐車場を利用する方が断然便利。なお二つの駐車場に通じる道は別々のルートなので注意が必要。駐車場の詳細については別途「川原毛地獄の駐車場」を参照。
川原毛地獄側の駐車場
剣地獄


川原毛地獄。剣地獄と呼ばれる辺りの光景。火山性のガスのため草木は生えてなく山肌も灰色の火山灰に覆われている。この世の地獄と呼ばれているゆえんだ。


川原毛地獄 剣地獄
川原毛地獄の全景

川原毛地獄の全景と遊歩道。辺りは硫黄の臭いがプンプンする。道ばたの看板には「長い間立ち止まらないで下さい」と書かれてあった。同じ場所にずっといると火山性のガスの為、危険なのだそうだ。中央に写っている遊歩道は通行禁止となっていた。
川原毛地獄
川原毛地獄の内沢

川原毛地獄の内沢と呼ばれる場所から吹き出る火山性のガス。静かな山間部で「シュゴー」っと不気味な噴出音が絶えることなく聞こえてくる。ガスの噴出口は他にも数カ所見られる。

川原毛地獄 ガスの噴出口
 川原毛地獄の歩道

川原毛地獄大湯滝に続く歩道。川原毛地獄は右側にある。道は細かくもろい砂利の道で少々歩きにくい。草木がほとんど無い真っ白な道が続く。よく見るとパラパラと砂が崩れてくる。
川原毛地獄の遊歩道
 内沢がらふき

川原毛地獄の内沢と呼ばれるところ。中央の噴煙は「内沢がらふき」と呼ばれており、離れた場所でもガスが吹き出る音が聞こえてくる。静かな山間部に響くガスの噴出音は少々不気味だ。
川原毛地獄 内沢がらふき
川原毛地獄(大湯滝)及び周辺のおすすめスポット一覧
川原毛地獄ってどんなところ? 川原毛地獄の観光・宿 川原毛地獄とはこんな所です
日本三大霊場 川原毛地獄 泥湯温泉 川原毛地蔵菩薩 川原毛地獄温泉 観光案内地図
大湯滝 駐車場 横手市・湯沢市


     
著作権情報