日本の観光地・宿東北の観光地・宿秋田県の観光地・宿川原毛地獄(大湯滝)
秋田県の宿

泥湯温泉 旅行記


 泥湯温泉は秋田県湯沢市の奥深くにある温泉郷。川原毛地獄に向かう曲がりくねった県道を進んでいくと温泉の蒸気と火山性ガスが立ち込めた木造家屋の集落が現れる。これが泥湯温泉郷で数件の温泉宿が並んでいるのだが遠くから見ると一軒の温泉宿にも見える。辺りは硫黄の臭いに包まれいかにも秋田の秘湯といった雰囲気がプンプン立ち込める温泉郷である。またあまり知られていないが小安峡温泉から泥湯温泉、川原毛地獄を経由し秋の宮温泉郷に続く県道は紅葉の見事な所で10月下旬頃になると紅葉の名所「栗駒山」にも負けず劣らすの光景を見せてくれる。

 ・泉質:お湯は名前の由来ともなった白濁色をしているが、意外なことに源泉によって単純硫黄泉、単純温泉、硫化塩泉と異なっている。 
 ・源泉温度 60〜80度
 ・PH : 1.8〜5.6の酸性 
 ・入浴料 日帰り入浴500円

地図で場所を確認
 
泥湯温泉郷

泥湯温泉郷。秋田県湯沢市の山奥にある秘湯で至る所から火山性のガスが吹き出ている。。数件の温泉宿があり外湯も可能。隠れた湯治場として全国から湯治客が訪れる。

泥湯温泉郷
泥湯温泉郷の熱泉

泥湯温泉郷の入り口。道路や道ばたから強い硫黄臭がする蒸気が吹き出している。道路の噴出口には鉄板が置かれてあったが、とても熱く立ち止まるとタイヤや靴底が溶けてしまいそうだった。
泥湯温泉郷の熱泉
泥湯温泉の足湯

 泥湯温泉の足湯。泥のお湯とまではいかないが白濁した湯で周囲には硫黄臭が漂う。皮膚病などにはよく効きそうな足湯だった。
泥湯温泉の足湯
川原毛地獄(大湯滝)及び周辺のおすすめスポット一覧
川原毛地獄ってどんなところ? 川原毛地獄の観光・宿 川原毛地獄とはこんな所です
日本三大霊場 川原毛地獄 泥湯温泉 川原毛地蔵菩薩 川原毛地獄温泉 観光案内地図
大湯滝 駐車場 横手市・湯沢市
 
著作権情報