万博公園の駐車場 一覧



 万博公園には公園内に6ヶ所の大型駐車場が整備されており、この他温泉施設の駐車場なども含めると約9000台以上もの車が駐車可能となっています。これらの駐車場は公園内東西南北に整備されており、訪れる目的にあわせ駐車場を選べるようになっています(例えば公園の東側にある球技場に行きたい場合は東駐車場を利用する)。なお各駐車場の混雑状況については万博公園の公式HPで随時リアルタイムに紹介していますので訪れる際には参考にされるとよいでしょう。
 また万博公園内及び周辺においては無料の駐車場は無く全て有料となっています。


地図で場所を確認する


※本ページに記載されている情報については変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。



万博公園 専用駐車場


南駐車場

 規模が大きい上に万博公園の南側にあり少々不便ということもあり余程のことが無い限りは空いている駐車場です。昼過ぎなど少々遅い時間に訪れた場合は真っ先にこちらを目指した方が無難です。

収容台数 1,218台 (内、障害者専用 15台 ・ バス専用 8台)





東駐車場

 文字通り公園の東側にある駐車場。バーベキュー広場や球技場などがあるのでこれらの施設を利用する方がよく利用します。

収容台数 998台 (内、障害者専用 12台 ・ バス専用 10台)



中央駐車場

 太陽の塔に最も近い駐車場。位置的にも規模的にも万博公園のメイン駐車場的位置づけにある駐車場です。

収容台数 921台 (内、障害者用 11台 ・ バス 50台)



西第1駐車場

 フットサルやテニスガーデンといったスポーツ施設の他、自然文化園にも近い駐車場。位置的に一番空いている可能性の高い駐車場です。

駐車台数 691台 (内、障害者専用 12台)



日本庭園前駐車場

 公式HPによれば公園内に数ある駐車場のなかでもっとも早く満車となってしまうことの多いと紹介されている駐車場です。これは駐車台数が580台と他駐車場に比べ少々少なめであることと、位置的に公園の中央部にあることから来場者の大半が自然と日本庭園前駐車場に向かってしまうこと等が主な理由としてあげられるようです。混雑しない平日の利用であれば一番おすすめの駐車場です。

駐車台数 582台 (内、障害者専用 8台 ・ バス専用 34台)


駐車場料金 ( )内は土日祝日料金

普通車
 2時間以内400円(600円)、2〜3時間600円(900円)、3〜4時間800円(1,200円)、4時間以上1,000円(1,500円)


マイクロバス
 2時間以内610円(930円)、2〜3時間920円(1,390円)、3〜4時間1,230円(1,850円)、4時間以上1,540円(2,310円)


大型バス
 2時間以内860円(1,330円)、2〜3時間1,300円(2,000円)、3〜4時間1,740円(2,670円)、4時間以上2,180円(3,340円)


 二輪車
  1日200円(東・南駐車場) 



営業時間

 入庫9時〜17時、出庫22時



EXPOCITYの駐車場


 EXPOCITYは2015年にオープンした三井不動産株式会社が万博記念公園で開発をすすめた西日本最大級の複合商業施設です。駐車場は敷地の南東側に扇形で整備され平面・立体あわせて4000台以上の駐車規模を誇ります。

駐車場料金

 200円/30分 2,000円以上の買い物で1時間、5,000円以上の買い物で2時間無料 

収容台数

 合計 4070台 



万博記念公園の駐車場の混雑状況について


 全ての駐車場をあわせると9000台近くもの収容能力を誇る万博公園の駐車場。流石に土日祝日を含めた通常時に全ての駐車場が満車となってしまうことはありませんが、年間数多く行われるイベント時となると少々様相が変化し午前中に満車となってしまうこともしばしばです。また仮に駐車できたとしても周辺道路の混雑や出庫時駐車場内の渋滞などでなにかとストレスを感じてしまいます。混雑が予想される日は午前中の早い時間(駐車場は9時から営業開始)に訪れるようにしましょう。なお参考までに各駐車場が満車となる順番を紹介しますと日本庭園前駐車場→中央駐車場→東駐車場→南及び西駐車場の順となっており、これは駐車台数のほか公園中心部への移動距離も関係していると考えられ、一番空いている南及び西駐車場からの場合公園中心部まで徒歩で20分ほど時間を擁します。



大阪城のパーキングマップ







周辺観光地の駐車場


大阪城(大阪城公園) USJ 海遊館 心斎橋 難波(道頓堀) 通天閣・新世界 住吉大社 四天王寺 万博公園 天王寺動物園 石切神社 大阪天満宮