鳴子峡・鳴子温泉の駐車場



 毎年多くの方が車で観光に訪れる鳴子エリア。鳴子は大きく分けて鳴子温泉と鳴子峡という2つの名所があり、それぞれ有料・無料の駐車場が整備されています。本ページではこれら鳴子エリアの駐車場について、料金・時間・場所・特徴などについて以下に紹介していきます。


目 次

鳴子温泉の駐車場
 鳴子温泉駅前駐車場 有料
 鳴子温泉湯巡り駐車場 無料
 湯の滝・温泉神社の駐車場
鳴子峡の駐車場
 展望台の駐車場 無料
 鳴子峡レストハウスの駐車場 紅葉シーズン時有料
 国道47号線沿いの駐車場 無料
 鳴子峡 紅葉時の駐車場混雑について


地図で場所を確認する

滝の湯(温泉神社)・湯めぐりの駐車場


 本項ではいわゆる鳴子温泉の駐車場を紹介します。鳴子温泉で日帰りの湯巡りをする際に利用することとなる駐車場です



鳴子温泉駅前駐車場(有料)

地図中@のマーク

鳴子温泉駅前駐車場  名前の通り鳴子温泉駅前に整備されている有料駐車場です。駅を目指して車を進めると到着するので、下記の無料駐車場に比べると非常に分かりやすいところにあります。また料金は有料とはいえ夜間は無料となります。

時間 8:00〜18:00

料金
 最初の30分は無料。以後30分毎に100円。ただし上記営業時間外は無料。

鳴子温泉・鳴子峡の駐車場

鳴子温泉 湯巡り 臨時駐車場(無料)

地図中Aのマーク

鳴子温泉 湯巡り 駐車場 鳴子温泉街の奥まった所にある無料駐車場です。湯巡りをする観光客の為に整備された駐車場です。営業時間は8時30分からで案内看板には「時間外は入り口を施錠します」とありましたが、実際には早朝から開門しており、7時30分から営業開始する共同浴場の滝の湯などへも湯巡り駐車場に車を駐め朝一番に訪れることが可能でした。

時間
 8:30〜20:00(筆者が訪れた時は早朝も開門していました。仮に早朝訪れて閉門していたら上記の「鳴子温泉駅前駐車場」を利用するとよいでしょう。朝8時より前は無料です)

料金 無料

湯の滝・温泉神社の駐車場について

鳴子 湯の滝の路上駐車 鳴子温泉最古の湯といわれる「湯の滝」並びに同じ場所にある温泉神社には専用の駐車場はありません。この為、湯の滝や温泉神社に訪れる際には上記の駐車場を利用することとなりますが、実際には多くの湯巡り客や地元の方が路上駐車をしているのが現状です(写真参照)。路上駐車については賛否両論あるとは思いますが、湯の滝の実情についてご報告だけしておきます。
鳴子温泉・鳴子峡の駐車場

鳴子峡の駐車場


 鳴子峡の駐車場は国道47号線沿いの鳴子トンネル〜鳴子峡レストランの間に点在しています。いずれも無料なうえ収容台数は100台前後と規模が大きく観光客にとっては利用しやすい駐車場です。これらの駐車場のうちもっともおすすめな駐車場は大深沢橋下流川にある展望台の駐車場と鳴子峡レストハウスの駐車場です。他の駐車場に関しては2011年の東日本大震災以降大谷川沿いの遊歩道が通行止めとなっていることもありあまり利用することのないのが現状です。


展望台の駐車場

地図中@のマーク
鳴子峡の駐車場 鳴子峡随一の眺望スポットである大深沢橋の北側(鳴子温泉方面)にある無料駐車場です。各眺望スポットに歩いていける距離にあり、紅葉シーズン時でも無料なので(鳴子峡レストハウスは紅葉シーズン時有料となります)この時期は一押しのおすすめ駐車場です。

時間 24時間
料金 無料
鳴子温泉・鳴子峡の駐車場

鳴子峡レストハウスの駐車場

地図中Aのマーク

 見晴台や鳴子峡遊歩道の入り口がある鳴子峡レストハウスの駐車場で、通常時は料金が無料である為おすすめですが、紅葉シーズン時は有料となります。

期間 10月中旬〜11月上旬 ※期間外は無料で利用できます。
時間 24時間
料金 大型1,000円、中型700円、普通500円、バイク200円
問合せ先 鳴子峡レストハウス Tel 0229-87-2050 


その他の無料駐車場

地図中のマーク

 国道47号線沿いにある比較的規模の大きな駐車場です。鳴子峡渓谷内の遊歩道が閉鎖中の現状ではあまり利用する機会はありませんが、夏は車中泊をする人やキャンピングカーの光景がよく見られます。また紅葉シーズン時など前述の駐車場が混雑している場合はこれらの駐車場に駐車して鳴子峡まで歩いていくのも一案です。

時間 24時間
料金 無料

鳴子温泉・鳴子峡の駐車場

混雑

 鳴子峡の駐車場は比較的規模の大きな駐車場が複数あるので、普段混雑することはまずありません。しかし紅葉シーズン、それも土日祝日となると様相は様変わりし激しく混雑し、筆者は日曜日に鳴子峡を訪れレストハウスの駐車場から国道に出るまで1時間以上時間を要したことがあります。このように混雑するのは鳴子峡が日本有数の紅葉の名所であることや、周辺道路が国道47号線のみで抜け道が無いことなどが理由としてあげられます。
 他のサイトでは混雑を避ける為に朝の早い時間帯に訪れることを勧めているのもありますが、筆者の経験上午前9時頃には十分混雑していますので、混雑を避ける為には午前9時前に鳴子峡の駐車場から離れなければならず、わざわざ遠方より来たのにあまりに味気ないようようにも感じます。いずれにせよ「紅葉シーズン時の土日祝日は激しく混雑する」このことを前提に旅のプランを練りましょう。
 また混雑対策として混雑の少ない平日に訪れる他、手前の駐車場を利用しそこから歩いたり、鳴子温泉駅周辺の駐車場に車を駐め臨時の周遊バスで鳴子峡に行くといった手法がありますが、いずれも多少のストレスは感じるものと思っておいて下さい。


鳴子温泉・鳴子峡のパーキングマップ



鳴子温泉・鳴子峡の駐車場




周辺観光地の駐車場 一覧


仙台城跡 塩竈神社 松島 瑞鳳殿 鳴子峡・鳴子温泉