洗月泉(せんげつせん)



 洗月泉は錦鏡池の南東部に位置する滝で山肌から湧き出る水を錦鏡地に導く役目を果たしているとされています。洗月泉は月が泉に映し出された時に泉のさざ波がまるで月を洗っているように見えることからその名前が名付けられたそうで、現在はパワースポットとして人気を集めています。


洗月泉


銀閣寺の洗月泉  銀閣寺の洗月泉。境内の南東部にあり、山から流れ落ちる水を銀閣東求堂のある庭園へ導いている。銀閣寺東側にある「山道」と呼ばれる散策路を歩いていると出てくる。


銀閣寺の洗月泉  銀閣寺洗月泉、秋の光景。うっそうとした木々の奥に何筋かの滝の流れが見える。一般的には流れは3筋といわれているが季節や天気により変化するのか常に3筋というわけではないようだ。




パワースポット


銀閣寺のパワースポット 洗月泉 洗月泉に投げ込まれている小銭。名前の由来である泉に映った月を眺めてみようと思ったが、参拝時間が5時までだったので当然の事ながら見ることはできなかった。よく考えてみると月が見える時間帯に一般の人は立ち入ることができないので実際に見た人は数少ないと思います。