東福寺の紅葉ともみじ



東福寺  東福寺の紅葉の美しさは京都随一といわれ、本堂と開山堂の間にある洗玉潤と呼ばれる渓谷は古くから紅葉の名所として知られ、渓谷に架けられた橋「通天橋」からの眺めはモミジの葉に光があたってキラキラと輝いて見え、まさに「お見事」の一言につきます。この眺めは「錦の雲海」と称され他では見ることができないまさに必見の紅葉美です。なお通天橋のもみじは葉が三枚に分かれており黄金色に輝くのが特徴といわれています。

紅葉の見頃 11月中旬〜下旬


紅葉


京都 東福寺 東福寺は京都でも1,2位を争う紅葉の名所で、特に通天橋と呼ばれる渓谷に架かった橋からの眺めは絶景。写真は通天橋を下から眺めたもの。広い境内には他にも見事な庭園や紅葉スポットが多数あります。

東福寺の紅葉 東福寺の紅葉の見頃は11月中旬から11月下旬にかけて。京都でも1、2位を争う紅葉の名所だけあって色鮮やかな光景が広がります。一番のビュースポットは開山堂へ向かう通天橋からの光景(あくまでも筆者の個人的感想です)。






もみじ


東福寺の紅葉を楽しむ観光客 東福寺の紅葉を楽しむ観光客。紅葉の時期は東福寺がもっとも賑わう季節。休日の昼間などは観光客のあまりの多さにうんざりすることもある。はっきり言ってモミジの葉より人の頭の方が多く感じます

紅葉の東福寺庭園 東福寺庭園の紅葉。東福寺の広い境内では見事に整備された庭園にモミジの絨毯が至る所で広がっています。東福寺は通天橋から見る渓谷沿いの紅葉が有名ですが、このような庭園美も観光客に人気があります。

紅葉のトンネル

東福寺 紅葉のトンネル
 京都の街には路地や小径が多いが、東福寺にも小径があり、秋の紅葉の季節は太陽の光を葉に受け黄金色に輝くトンネルを形作る。