日光東照宮へのアクセス 一覧



 平安の頃より霊場として多くの人が集った日光。江戸時代には時の幕府を開いた徳川家康の霊廟(日光東照宮)が設けられたことにより、人や物資の往来も増え五街道のひとつ「日光街道」が整備されました。日光街道は明治以降、主要街道としての座を途中まで共用する奥州街道(現在の国道4号線)に譲り、日光も幹線経路からは外れてしまったものの、日光を訪れる参拝客の多さは変わらず、日光への交通インフラは他の地域に比べ比較的早い段階早い段階から整備がなされ、現在は高速道路、鉄道どちらを利用しても直接日光に行く事ができ、東京からアクセスする場合日帰りで観光することも可能となっています。



地図で場所を確認する栃木県日光市山内2301



※本ページに記載されている情報については変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。



目 次

東京からのアクセス
 車でのアクセス
 電車でのアクセス
 日光駅から日光東照宮へ
日光東照宮から華厳の滝へ 
日光東照宮〜草津温泉
日光東照宮〜鬼怒川温泉
バスでのアクセス 
各空港からのアクセス
大阪方面からのアクセス







東京からのアクセス


 本項では東京から日光東照宮へのアクセスについてご説明していきます。東京からのアクセスの場合、電車、車どちらでも2時間程度で行けるので日帰りでの観光も可能です。


車でのアクセス

日光東照宮 車 アクセス

 東北自動車から宇都宮ICを経由し日光宇都宮道路へ、日光ICで下りたら、『日光東照宮』までは約2km、東京からの所要時間は2時間ほどですが、お正月やゴールデンウィーク、夏休み、紅葉シーズンといったハイシーズン時は観光客で大渋滞となりますのでご注意下さい。



電車でのアクセス

 日光東照宮の最寄り駅はJR日光駅・東武日光駅の両駅でこの2つの駅は隣り合っています。日光へのアクセスによく利用されるのは都心から直通便のある「東武日光駅」の方で東武日光駅には管理者の東武鉄道の他JRの路線も乗り入れています。一方JR日光駅は東北本線や東北新幹線から乗り換えて日光方面に訪れる方が主に利用されています。

日光東照宮 アクセス 電車


 新宿−東武日光(JR特急日光1号):所要時間 約2時間(運行本数は1日1本と少なめです)
 浅草−東武日光(特急けごん):所要時間 約1時間50分
 浅草−下今市−東武日光(特急きぬ+各駅停車):所要時間 約1時間50分
 JR宇都宮−JR日光駅:所要時間45分

 料金や所要時間は多少異なってきますが、なんだかんだ言って本数が多く乗り換え無しで日光まで行ける浅草駅発のスペーシアけごんや東武鉄道快速が一番の人気路線となっています。



東武日光駅・日光駅から日光東照宮へ

 JR及び東武日光駅から日光東照宮までは距離にして約3kmほど(所要時間30分)。歩いても行ける距離ですが「世界遺産巡りバス」や「東武バス中禅寺温泉行き」といったバスも運行しており、これらバスを利用した場合の所要時間は10分ほどとなります(東照宮最寄りのバス停は「西参道」)。またJR日光駅の前にはタクシー乗り場も整備されていますのでタクシーを利用して移動するのも一案です。

日光東照宮 バス アクセス


※最寄り駅から日光東照宮までは前述してある通り3km前後の行程ですが、道中は緩やかながらも上り坂となっていますので意外と疲れます。



日光東照宮から華厳の滝へ


 日光東照宮から華厳の滝までは車で約30分ほど。道中は一本道ですが、華厳の滝はいろは坂の途中にあり、東照宮方面から中禅寺湖方面には第2いろは坂からしかいけないので(一方通行となっています)、一度中禅寺湖に出てから再び日光方面に戻るかたちとなります。

 バスで移動する場合も前述と同じ理由により日光駅から東照宮などを経由して中禅寺湖方面にむかう中禅寺温泉行きのバスに乗車し、中禅寺湖温泉で日光駅行きの折り返しバスに乗り華厳の滝入り口で下車しなければなりません。これらバス路線の詳細については前段の「日光駅からのバス路線図」をご参照下さい。



日光東照宮〜草津温泉 


 日光東照宮と草津温泉を観光される方は意外と多く、草津温泉に宿泊し翌日に日光方面を散策するのは人気のコースとなっているのだそうです。
 日光方面と草津温泉とは北関東自動車道を介して各々最寄りのICが接続されているので車での移動は意外と便利で所要時間は3時間ほどとなります。路線の詳細は上述の「車でのアクセス」の項をご参照下さい。
 電車で移動する場合は東武日光線、両毛線、吾妻線と乗り継いで所要時間は4時間半ほど、北陸・上越新幹線で大宮駅まで戻った後、東北新幹線に乗り換えて行くルートもありますが、筆者個人的にはあまり現実的では無いような気がします。いずれにせよ電車で移動を考えている場合はよく検討して決めてみて下さい。また参考までに「草津温泉へのアクセス」もページもご参照下さい。



日光東照宮から鬼怒川温泉へ


 鬼怒川温泉は古くから日光山内を訪れる方の温泉宿として、また都心からも日帰りで行ける温泉地として古くから賑わってきました。日光と鬼怒川温泉は地形的な理由から一度日光市中心部に出てから各々向かうこととなりますが、距離にして20kmほど。車で約30分、電車では約1時間15分の行程となります。、



車でのアクセス

 日光駅から大谷川を挟んで対岸を通る県道247号線を日光市中心部方面に車を進め、国道212号、352号経由で到着します。県道247号線から国道212号線には日光山近くの日光カンツリー倶楽部の交差点と日光市中心部の2箇所から入る事ができますが、日光カンツリー倶楽部の交差点から行った方が、距離、時間ともに短くすみます。 
 


電車でのアクセス

 電車で移動する場合は日光市中心部にある下今市駅で乗り換えて鬼怒川方面に向かうこととなります。電車の路線図については前段の「東京方面からのアクセス」の項をご参照下さい。



バスでのアクセス


 日光方面へのバスは東北急行バスが東京駅八重洲南口・日本橋口から、京浜急行バス東武バスが横浜駅・羽田空港から、関東自動車株式会社がJR宇都宮駅から運行しています。




飛行機でのアクセス


 日光東照宮もよりの空港は羽田空港、福島空港、茨城空港の3空港。各空港から日光までの所要時間はいずれも2時間〜2時間30分ほどとなっており利便性は大差ないと思いますが、羽田空港からの場合は日光・鬼怒川方面行きのリムジンバスが運行していますので、飛行機の到着時間がバスの出発時間に間に合うようでしたらそちらを利用すると乗り換えの手間が省けて便利です。

日光東照宮 飛行機 アクセス



大阪からのアクセス


 大阪方面から日光東照宮へは距離にして約650kmほど。訪れる場合は最低でも1泊する事となり、おそらく他の観光名所へも立ち寄ることと思います。その為必ずしも参考になるとはいえないと思いますが本項では大阪方面から日光東照宮へのアクセスについてもご紹介しておきます。



車でのアクセス

 大阪・名古屋方面から車で訪れる場合は都心部を通らず、中央自動車道→上信越自動車道→北関東自動車道を経由して東北自動車道に入るルートと東名高速道路から首都高速道路を経由して東北自動車道に入るルートがありますが、どちらも所要時間は8時間強。個人的には混雑しルートも複雑な首都高速道路を経由するよりも中央高速道路から上信越自動車道、北関東自動車道を経由した方が簡単でよろしいのではないかと思います。高速道路の路線については上述の「車でのアクセス」の項をご参照下さい。



電車でのアクセス

 電車で訪れる場合は東海道新幹線で都心部まで来たあと東武日光線や東北新幹線経由で日光東照宮へ向かうこととなります。都心部から日光東照宮までは別途前述の「電車でのアクセス」の項をご参照下さい。



日光東照宮へのアクセスについて

 

格安航空券の料金比較・購入

 格安航空券の検索・予約を24時間リアルタイムで行うことができます。(全航空会社対象)
格安航空券


新幹線・JR特急券の予約・購入

 JRの新幹線・特急券が「JR東日本えきねっと」でお得に予約購入できます。
JRえきねっと


各レンタカー会社の料金比較

 全国12社のレンタカーを料金比較。タイムリーで最安値のレンタカーを選ぶことができます。
格安レンタカー

日光市周辺の宿泊施設をさがす

 栃木県日光市を中心とした温泉・旅館・ホテル等の宿を予算に合わせて選べます。
温泉 旅館 ホテル 宿

駐車場




周辺観光地のアクセス 一覧


日光東照宮 足利織姫神社