会津若松市 観光案内 「旧滝沢本陣」

 旧滝沢本陣は会津の殿様が参勤交代や領内の視察に出た際に休憩所として使用した所で、戊申戦争時は本営となった所です。新撰組や白虎隊が出陣した地として知られ当時の様子をうかがい知ることができる生活用具の数々も展示されています。
 なお旧滝沢本陣はすぐ近くには有名な観光名所である飯盛山があるせいで、ついつい見落としがちなスポットとなってしまいます。訪れるさいには事前に位置を確認しておいたほうがよいでしょう。

営業時間
 8:00〜18:00(冬期間は9:00〜17:00)

定休日
 年中無休(冬季期間は予約が要ります)

入館料
 大人300円、高校生250円、中学生150円、子供100円

駐車場
 近隣の飯盛山駐車場を利用

アクセス
 ハイカラさん・あかべぇ「飯盛山下」下車、徒歩5分、磐越自動車道:会津若松ICより約15分

所在地
 福島県会津若松市一箕町滝沢122

問い合わせ先
 0242-22-8525


旧滝沢本陣


旧滝沢本陣 旧滝沢本陣の光景。離れて見ると割と新しく立て直された建物のように見えますが、よく見ると建物のあちらこちらには戊申戦争時についたと思われる銃剣による傷跡が残されています。


滝沢本陣の庭園 滝沢本陣の庭園。殿様の本陣だったことだけありなかなか雅な光景が広がっています。当時の会津の殿様もまさかここに陣を敷いて新政府軍を迎え撃つことになろうとは思わなかったことでしょう。

内部の光景


滝沢本陣内部の光景 旧滝沢本陣内部の光景。滝沢本陣は1687年に建てられたとされ元々は民家だったそうです。この為本陣とはいえ内部はどことなく豪農の屋敷のような作りをしています。