八幡平のキャンプ場 一覧



八幡平の露天温泉  八幡平周辺は温泉リゾート地として整備されている為か北東北ではもっとも多くのキャンプ場が整備されている地域のひとつです。エリアは大きく分けると八幡平を挟んで岩手県側の八幡平温泉郷周辺と秋田県側に分かれますが、いずれも八幡平の温泉を利用できるロケーションが特徴で、利用者も家族連れから登山客、旅の疲れを癒すバイクツーリング客など多くの方が利用しています。


地図で場所を確認する



岩木山焼走り国際交流村


地図中 @  モデル料金4,600円 大人・子供各二人 オートキャンプの場合

 岩手山のふもとにある焼走り溶岩流で有名な広大なキャンプ場。八幡平周辺のキャンプ場の中では一番高速道路のIC近くにあり、キャンプ施設にあるとうれしい温泉施設もあります。サイトは中低木の木々におおわれウッドチックな雰囲気が漂っていました。落ち着いて利用できるの為か連泊の利用者も多く見られ、個人的には一押しのキャンプ場です。

営業期間:4月下旬〜11月上旬

入場料:オートキャンプ大人300円、小人(小学生)200円

サイト使用料:オート1区画3,600〜4,610円

宿泊施設:キャビン1人5,200円〜5,800円

問い合わせ先:0195-76-2013





県営松川キャンプ場


地図中 A  モデル料金1,400円 大人・子供各二人 テントキャンプの場合

 地熱発電で有名な松川温泉の奥にあるキャンプ場。結構奥地にあるので穴場的なスポットとなっているうえ、歩いてすぐの所に温泉があるのも魅力です。岩手山登山口に近い為か、筆者達が訪れた時には岩手山登山客と思われる方もキャンプしていました。サイト内は結構凹凸が多いが板張りのサイトもあるので安心して利用できます。

営業期間 7月〜10月

サイト使用料 大人300円・小人150円、テント1張500円

問い合わせ先 0195-78-2256



県民の森キャンプ場


地図中 B  モデル料金620円 大人・子供各二人 テントキャンプの場合

 岩手県の交流施設「県民の森」の一画にあるキャンプ場。交流施設の中にあるので騒がしいかもなぁと思ったのですが、キャンプサイトは一番奥まった所にあり静かにすごすことができました。サイト区画は林の中にありウッドデッキが設けられています。

営業期間 6月〜9月(毎週火曜日は休み)

宿泊料 テント1張1泊620円

問い合わせ先:0195-78-2092



妻の神広場キャンプ場


地図中 C   モデル料金2,000円 大人・子供各二人 オートキャンプの場合

 キャンプサイトは森に囲まれた広場といった感じで、筆者が訪れた時はフリーサイトでは利用者が各々好きな場所にテントを張っていました。またサイトのすぐ脇を流れる小川では家族連れが水遊びを楽しんでたりと、アットホームな雰囲気がただようキャンプ場です。

営業期間 5月〜10月

施設使用料 大人300円・小人200円

オートキャンプ 1区画1泊1,000円

テントサイト 1張1泊500円

問い合わせ先:0195-78-2496



八幡平キャンプ場 アスピア


県の指定管理者取り消しにより2015年GWより営業休止となっています

 日本最大級と自らPRしているだけあってテントサイトは複数有り(おそらく4箇所)、施設内にはテニスコートや温水プール、釣り堀とまさに一大レジャーランドのようなキャンプ場。一区画辺りの面積も広くアメニティー度は抜群。



大沼オートキャンプ場


地図中 D    モデル料金1,400円 大人・子供各二人 テントキャンプの場合

 名湯後生掛け温泉や蒸の湯の近くにあるキャンプ場。サイトは大沼に隣接した森の中にあり落ち着いた雰囲気。八幡平のトレッキングや登山の拠点として利用する人が多いようですが、ライダーの方も多く見かけました。地図で見るとホテルなどもあり賑やかそうに見えますが、実際には現地は山間部で近くにスーパーなどは無いので食料、飲み物は十分準備しておかなくてなりません。

営業期間 6月〜10月

キャンプ場使用料 大人400円、小人(小学生以下)100円

駐車料金 普通車400円、二輪車100円

車中泊 100円/人+駐車料金

キャラバンサイト 1泊2,500円  

問い合わせ先 0186-31-2662 



八幡平のキャンプ場について


キャンプ場 北東北屈指のリゾート地区である八幡平にはたくさんのキャンプ場があり、ハイシーズンになると多くのキャンパー達で賑わいます。その一方でシーズンオフ期(5,6,10月)は驚くほど空いており、一人で宿泊する場合はとても寂しい思いをする事があります。これは八幡平特有の冷涼な気候が影響していると思いますが、春先や秋口でも賑わいを見せる東京以西のキャンプ場とは少々様相が異なります。春先や秋口に八幡平周辺のキャンプ場を利用する際には寒さ対策も含めて、ある程度寂しい思いをすることも念頭にキャンプの計画を立ててもらいたいと思います。



八幡平キャンプ場マップ




駐車場