日本の観光地・宿東北の観光地・宿青森県の観光地・宿青森市
青森県の宿

地図で場所を確認する

青森市 棟方志功記念館


 「オラ青森のコッホさなる」。コッホの作品に感銘を受け版画の道を志し、やがて世界にその名を轟かす棟方志功。その志功の作品や生い立ちを展示している資料館が「棟方志功記念館」です。

開館時間:9:30〜17:00(11月〜翌3月)、9:00〜17:00(4月〜10月)
休館日:年末。毎週月曜日 ※休日及びねぶた祭り期間中は開館。
入館料:一般550 円、大学生300 円、高校生200 円、小・中学生無料 ※20名以上で団体割引あり  
アクセス
 ◎青森駅から車で10分。
 ◎JR新青森駅からバスで約35分。市営バス「東部営業所」「県立中央病院前」へ乗車。堤橋下車
 ◎青森駅からバスで約20分。市営バス「横内環状−青森駅」「中筒井経由昭和大仏」などへ乗車。
 棟方志功記念館通り下車
駐車場:有り 
 
事前に調べておけば青森市の旅もより充実したものに・・・・〜青森市が待ってます〜
棟方志功記念館

棟方志功記念館。敷地内には水が引かれ池を配した池泉回遊式の庭園となっている。館内の展示物のみならず四季折々の庭園の光景も見どころのひとつ。


棟方志功記念館
棟方志功

棟方志功は明治36年青森市に生まれた版画家。青年の頃コッホのヒマワリに感銘を受け、上京し苦労しながら絵の勉強をし、やがて版画の道にすすむ。その後世界版画展で優秀賞を納め世界の棟方志功として知られるようになった苦学立身の人物です。棟方志功
版画

棟方志功の版画は代表作である「釈迦十大弟子」が有名ですが、郷土青森にちなんだ作品も多く、また詩歌や油絵などでもすぐれた作品を残しています。
棟方志功の版画
館内の光景

館内の展示スペースは「ひとつひとつの作品をじっくりと見てほしい」という棟方志功の希望により広さが決められており、年に4回ほど展示替えが行われている。
棟方志功記念館 館内の光景
青森市のおすすめスポット一覧
青森市ってどんな所? 青森市の観光・宿 青森市とはこんな所です
三内丸山遺跡 八甲田 八甲田丸 棟方志功記念館 アスパム
モヤヒルズ エーファクトリー ねぶたの家 ワ・ラッセ 浅虫温泉 湯の島 浅虫水族館
浅虫温泉 善知鳥神社 中世の館 合浦公園 青森の市場
青森ベイブリッジ 青森ホタテ小屋 青森県立郷土館 青龍寺 ねぶた祭り
フェリー  


     
著作権情報