日本の観光地・宿東北の観光地・宿岩手県の観光地・宿天台寺
岩手県の宿

天台寺 旅行記「天台寺の社」


 天台寺比叡山を総本山とする天台宗のお寺ですが、その境内には本堂を取り囲むように多くのお堂が配せられています。これらは神仏習合思想(神道と仏教が折衷して融合調和する考え方)により天台寺に勧進された鎮守社と推測されますが、とにかく数が多いので全て参拝しようと思っている方は小銭をたくさん用意しておいた方がよいでしょう。
 
天台寺の旅
恵比寿大黒堂

天台寺の大黒恵比寿堂。手前にある小さめの祠が大黒恵比寿堂。毘沙門堂に続く道の脇に立てられている。長年の風雪で看板の文字は消えかけていた。

天台寺 大黒恵比寿堂
大黒恵比寿堂 大黒天(だいこくてん)を祀ったお堂

大黒天
@密教で、仏・法・僧の三宝を守り、戦闘をつかさどる神。後に飲食をつかさどる神として寺院の厨房ちゅうぼうに祭られた。ふつう忿怒ふんぬの相につくる。

A七福神の一つ。頭巾ずきんをかぶって大袋を背負い、右手に打ち出の小こづちを持って米俵の上に座る像につくる。大国主命おおくにぬしのみことと同一視され、福徳の神として信仰を集めた。一般的には「恵比寿様」の呼び名で親しまれている。
毘沙門堂

天台寺の毘沙門堂。境内の一番奥に建てられており、天台寺本堂の次に大きい建物と思われる。お堂には「毘沙門天」と書かれている。参道は毘沙門堂から左右に別れ右に進むと月山神社にたどり着く。
天台寺 毘沙門堂
毘沙門堂 毘沙門天を祀ったお堂

毘沙門天
 仏教における天部の仏神。持国天、増長天、広目天と共に四天王の一尊に数えられる武神である。日本では邪鬼と呼ばれる鬼形の者の上に乗り、甲冑に身を固めて右手は宝棒、左手は宝塔を捧げ持つ姿で描かれ事が多い。
 また日本独自の信仰で七福神の一人にも数えられている。なお中央アジア、中国など日本以外の広い地域でも、独尊として信仰の対象となっている。
倶利伽羅堂

天台寺の倶利伽羅堂。お堂の脇には霊木供養の為に彫られた石仏が置かれている。天台寺がある山は八葉山と呼ばれ、戦前までは巨大な杉の木がたくさんあった。
天台寺 倶利伽羅堂
 ・倶利伽羅堂 倶利伽羅不動明王を祀ったお堂

倶利伽羅不動明王
 不動明王の化身としての竜王。岩上に立てた剣に火炎に包まれた黒竜が巻きつき、まさにその切っ先をのもうとする形像で表される。
熊野堂

天台寺の熊野堂。毘沙門堂に続く道には神鏡が置かれた社、すなわち神社が多数建立されている。熊野堂もその一つ。お堂にはそれぞれ別の神様が鎮座している。
天台寺の熊野堂
天台寺の社

天台寺の毘沙門堂に続く道に建てられている神社の一つ。奈良時代から続く古刹だけあり、小さいながらもたくさんの神様や仏様が祭られている。おそらく長い年月を経て日本各地から勧請されたりしたのであろう。
天台寺の社
 
天台寺のおすすめスポット一覧
天台寺ってどんなところ? 本堂 あじさい 桂泉(かつらしみず)・参道 仁王門 瀬戸内寂聴 天台寺とはこんな所です
月山神社 姥杉 長慶天皇陵 天台寺の社
 
著作権情報