日本の観光地・宿東北の観光地・宿岩手県の観光地・宿天台寺
岩手県の宿

天台寺 旅行記「仁王門」


 仁王様は正式には金剛力士と呼ばれ仏教における守護神のひとつで寺院を守護し仏敵を退散させる意味からよく境内入り口の山門に仁王像として安置されています。 
 天台寺にある左右2体の仁王像は鎌倉時代の運慶作と伝えられ国指定重要文化財に指定されており、怪我や病気を患っている人は男性は向かって右の阿形像(あぎょうぞう)の女性は左の吽形像(うんぎょうぞう)の患部にあたるところに白紙を貼って祈願すると病がたちまち治癒すると伝えられています。
 
 
天台寺の旅
天台寺の仁王門

天台寺の仁王門。ここから先に進むには拝観料の300円を支払わなければならない。天台寺は建物の傷みがひどく修繕費に充てる為に拝観料を徴収している。
天台寺 仁王門


天台寺の仁王門を本堂側から見た光景。道の両側に石塔が建っている。この辺りは梅雨の時期になると、たくさんのあじさいの花が咲く。見頃は7月から8月上旬。
天台寺境内から見た仁王門
天台寺のおすすめスポット一覧
天台寺ってどんなところ? 本堂 あじさい 桂泉(かつらしみず)・参道 仁王門 瀬戸内寂聴 天台寺とはこんな所です
月山神社 姥杉 長慶天皇陵 天台寺の社


     
著作権情報