日本の観光地・宿東北の観光地・宿岩手県の観光地・宿天台寺
岩手県の宿

天台寺 旅行記「あじさい」


  天台寺の紫陽花は杉の伐採などで荒廃しきった天台寺をよみがえらそうと、瀬戸内寂聴さんが住職になった際に植え始めたもの。今では初夏になると参道や境内のあちこちで紫陽花が咲き、寺の名物となっている。
 なお紫陽花の見頃は7月上旬から8月の中旬にかけて。

天台寺あじさい祭り
 紫陽花が見頃をむかえる7月に天台寺や麓にある滴生舎(漆の展示・販売所)で行われる祭りで、約1ヶ月にもわたる期間中は週末を中心に俳句や写真のコンテスト、琴の演奏、茶会などが催される。一般的な夏祭りとは少々風情が異なり、イメージ的には地元や日本の芸能、文化を楽しむ会といったかんじ。
 
天台寺の旅
天台寺のあじさい

天台寺の参道に咲くあじさい。天台寺は別名「あじさい寺」と呼ばれるほど多くのアジサイが植えられている。なお本堂までは急な坂道を登って行くことになるが、距離は意外と短い。

八葉山天台寺のあじさいと参道
荒神堂とあじさい

天台寺の荒神堂。天台寺境内にあるお堂は、本堂から毘沙門堂にかけての参道の他、本堂裏手にも建てられており、荒神堂は裏手の小道に建てられ、夏は紫陽花の花に覆われる。
天台寺 荒神堂
 ・荒神堂:三宝荒神を祀ったお堂

三宝荒神(こうじん)
 仏法の守護神で仏・法・僧の三宝を守るという神。
 三面六臂ろっぴで、怒りの形相を表す。不浄を忌み、火を好むということから、民間ではかまどの神としてまつられています。
天台寺のおすすめスポット一覧
天台寺ってどんなところ? 本堂 あじさい 桂泉(かつらしみず)・参道 仁王門 瀬戸内寂聴 天台寺とはこんな所です
月山神社 姥杉 長慶天皇陵 天台寺の社


     
著作権情報