奥入瀬渓流館(焼山地区)



 奥入瀬渓流館は焼山地区の観光拠点となる所なのですが、少し下流側には「渓流の駅 おいらせ」もあり、初めて訪れる観光客は渓流の駅おいらせを奥入瀬渓流館と間違えてしまうことも多いようです。基本的に駐車場は両施設にあり、レンタサイクルの受付は「奥入瀬渓流館」に、バス乗り場は「渓流の駅 おいらせ」にあります。施設機能は奥入瀬渓流館が物産館、ビジターセンター的な雰囲気(本物のビジターセンターは石ヶ戸にあります)で渓流の駅おいらせは直売所的な雰囲気。なおレストランは渓流の駅の方にあります。
 訪れる際には利用目的、予定などを勘案して、訪れる施設、場所を間違えないようにして下さい(両施設は近接しており徒歩でも数分で往来できます)。


地図で場所を確認する



奥入瀬渓流館とレンタサイクル


奥入瀬渓流館 奥入瀬渓流下流側の拠点 焼山地区にある奥入瀬渓流館。大きな無料駐車場やレンタサイクルのサービスがあり焼山方面から奥入瀬渓流を散策際には便利な施設。建物内では地元の特産品が販売されています。




奥入瀬湧水館


奥入瀬湧水館 湧水館は奥入瀬渓流館の隣にある施設。1階は奥入瀬渓流の水を使用したミネラルウォーターの製造工場になっており見学が可能。2階は喫茶コーナーになっています。

渓流の駅 おいらせ(旧:奥入瀬渓流観光センター)


渓流の駅 おいらせ 渓流の駅 おいらせは奥入瀬渓流館から200mほど下流側にある観光施設で奥入瀬渓流館とは別の施設。奥入瀬渓流に来たことが無い観光客はよく間違えて混在してしまうようです。イメージ的には奥入瀬渓流館が物産館、渓流の駅おいらせが直売所的雰囲気。またバス停があるのもこちら「渓流の駅」です。