子ノ口



 子ノ口は十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流がはじまる地点。十和田湖の遊覧船乗り場、お土産店、食事処があり、レンタサイクル奥入瀬渓流〜十和田湖方面の路線バス乗り場、大規模な無料駐車場といった施設も集まり、奥入瀬・十和田湖両観光の拠点となる所です。 奥入瀬渓流沿いの国道102号線には小規模な駐車場が数カ所ありますが、いずれも駐められる台数は数台で、車を停めるか否かは運次第ですし中間地点の石ヶ戸駐車場には車を数十台駐められる路肩がありますが、日中になると満杯になってしまいます。この為、大規模な無料駐車場を要する子ノ口はまさに奥入瀬渓流観光の要ともいえる場所で、レンタサイクルのサービスや路線バスの停留所があるので(注:石ヶ戸・子ノ口にもあります)それらを利用して観光すると効率よく巡ることができます。なお子ノ口の駐車場の詳細については別途「奥入瀬渓流の駐車場一覧」をご参照下さい。また流しのタクシーはほとんど見かけませんのでタクシーの利用を検討されている場合は事前に予約しておくことをお勧めします(奥入瀬タクシー 0176-74-2206)。 

地図で場所を確認する


子ノ口 バス


子ノ口 バス停 十和田湖子ノ口のバス停。正面の山小屋のような建物がバス乗り場で、子ノ口のバス乗り場には簡易な観光案内施設や休憩所・トイレなども整備され十和田湖休屋のバス停とならんでサービスが充実したバス停となっています。

十和田湖 子ノ口駐車場 こちらは奥入瀬渓流側から見た子ノ口のバス乗り場。写真右側に路線バスが見えます。このバスは奥入瀬・八甲田方面と十和田湖方面をつないでいます。


※奥入瀬渓流を含む十和田湖・八甲田方面のバス路線の詳細については別途「十和田湖・奥入瀬渓流のバス」のページをご参照下さい。




子ノ口 遊覧船乗り場


子ノ口遊覧船乗り場 子ノ口の遊覧船乗り場。奥入瀬渓流方面から十和田湖に来ると真っ先に目にこの光景が飛び込んできます。遊覧船乗り場の受付にはひっきりなしに観光客が出入りし十和田湖を象徴する光景のひとつとなっています。バスで子ノ口に来た場合、ここから十和田湖の休屋まで遊覧船で移動するのも一案です。

子ノ口 食堂


十和田湖 子の口 子ノ口にある食堂。十和田湖には子ノ口のほかに休屋、小樽部等で食事をすることができます。規模的には休屋が店舗数も多く大型の店もあるのですが、ここ子ノ口も賑わいでは負けていません。
奥入瀬渓流の始まり 子ノ口には写真に見える食堂の他に2軒ほど食事ができる店舗があります。また写真奥に見える橋は奥入瀬渓流に架かる橋で、橋を渡ってすぐ左方向には奥入瀬渓流下流側の観光拠点「焼山」まで続く延長約12kmの奥入瀬渓流の散策道のスタート地点があります。


奥入瀬渓流 子ノ口周辺の光景


奥入瀬渓流 子の口 十和田湖の子ノ口周辺を流れる奥入瀬渓流の光景。すぐ後ろが十和田湖の子ノ口でここが奥入瀬渓流と焼山までをつなぐ約14kmの遊歩道の始まりとなります。なおこの先すぐに水量を調節する為の水門がある為、最上流部にもかかわらず奥入瀬渓流でもっとも水量が多く流れも緩やかな区間となっています。