竜飛岬の階段国道



国道339号線 階段国道とは青森県弘前市と外ヶ浜町を結ぶ国道339号線のうち、竜飛岬から竜飛漁港間の約388mの階段区間のことをいいます。なぜ階段が国道指定を受けているのか経緯は不明で、竜飛岬から竜飛漁港までは別途車が通れる道路も整備されておりそちらに国道指定を変更する動きもあったのですが、すでに観光名所化していたことから変更は困難と判断され現在にいたっています。

場所・アクセス・駐車場


場所

 場所は竜飛岬から竜飛漁港までの区間で地図上では普通の道路のように標示されています。

駐車場

 階段国道の竜飛岬側に大規模な無料駐車場が整備されています。また竜飛漁港にも駐車は可能です。

アクセス

 別途「竜飛岬」のページを参照。




階段国道


竜飛岬の階段国道 竜飛岬にある階段国道。全長338.2m、階段数362段、高低差約70mの階段ではあるが正式な国道。この道を通行するのはほぼ100%観光客の方。この道を行く場合は当然の事ながら往復しなければならないので夏場の暑い時期などは汗ふき用のタオルなどを持参するとよいでしょう。

竜飛岬側の光景

階段国道と郵便局員 階段国道竜飛岬側の光景。日本唯一の階段国道として知られていることから、階段入り口には地元郵便局の職員が出張して記念はがきの販売をしています。

道中の光景

竜飛漁港の光景  階段国道道中の光景。階段国道にはちょうど中間地点に休憩用のベンチが設けられており、そこから上は緑豊かなハイキングコース、下は写真のような竜飛の街を見下ろせる道となっています。
 

竜飛漁港側の光景

階段国道 竜飛漁港側 こちらは竜飛漁港側の光景。民家の間をすり抜け出た先には竜飛漁港が広がっています。なお国道339号線は弘前市と外ヶ浜町をつなぐ国道でここ竜飛岬が終点ではなく、向かって右側へ続いてゆきます。