嵐山の紅葉 もみじ



 嵐山は「秋に行きたい紅葉スポット」で毎年No1に選ばれている紅葉の名所で、嵐山、亀山、小倉山のもみじやカエデが色づく様を渡月橋から眺めるのが一番美しいといわれています。所々に針葉樹の緑が混じった光景は秋の嵐山を代表する光景です。なお紅葉の季節は嵐山界隈が一番混雑する時期で、土日祝日等に車で訪れると渋滞で半日近くも立ち往生する場合があるので、訪れる時間帯を早朝にずらしたり、公共交通機関を利用するなどした方が無難です。

見頃 11月中旬〜11月下旬 


嵐山の紅葉


嵐山の紅葉 嵐山を借景とした渡月橋の紅葉。カエデやモミジが色鮮やかに映えている。紅葉した嵐山の色が水面にも映り、辺り一面の空間が赤くなったような錯覚さえ覚える。


保津川と嵐山保津川と嵐山の光景。ちょうど紅葉の時期の光景で、嵐山界隈が一番賑わう季節。大堰川(保津川)の岸辺では多くの行楽客が嵐山の紅葉を楽しんでいた。




保津川


嵐山 亀山公園展望台からの光景 京都嵐山の亀山公園展望台からの光景。桂川(保津川)の上流方面を見た光景で、川岸のモミジが紅葉している。写真には写っていないが、この先桂川左岸側をトロッコ電車で有名な嵯峨野観光線が走っており、トロッコ列車からの光景も見事で人気がある。

大堰川


嵐山 大堰川の紅葉 大堰川の紅葉。大堰川は渡月橋より上流方向の保津川の呼び名で、紅葉の名所でもある。大堰川の紅葉を楽しむのは嵐山屋形船からの眺めが一番。


嵐山地区の光景


嵐山の光景 京都嵐山の光景。ちょうど紅葉が始まる時期。渡月橋を渡り嵐山の街並みに分け入ると、嵐山から流れ出る湧き水が流れる水路が至るところで見られる。水路に映る嵐山の光景もまた雅さを感じる。


嵐山の紅葉 京都嵐山の紅葉。嵐山の紅葉は11月中旬から始まり12月上旬まで楽しめる。この時期は嵐山全域でモミジが紅葉し色鮮やかな光景となる。また麓の嵯峨野の寺院でも紅葉が楽しめる。