恐山境内案内地図



恐山散策地図

恐山参詣のポイント


   基本的には地図に記されている赤い矢印とおりに進めば境内をほぼ全て参拝することができます。地面は表参道以外は火山活動によって生成された白砂と玉石となっており足場が悪いので、できることならちゃんとした靴を履いた方がよいでしょう。ところどころ高温のガスが噴出しているところもありますのでそういった意味でもサンダルなんかより靴の方が安全です。また恐山温泉に入るタイミングですが、本来は参拝前にはいり身を清めるのが正しいのですが、真夏の暑い盛りなどに入浴後、起伏の激しい境内を散策すると一瞬で汗だくになってしまいます。入浴後は強烈な硫黄臭も体に染みつきますし、私個人的には恐山参拝後に入浴する方がよいと思います。
 なお地図には記載されていませんが、霊場入り口(地図では右側)に三途の川と太鼓橋があります。とても景色がきれいなところなのでこちらも忘れる事無く立ち寄ってもらいたいと思います。なお三途の川、太鼓橋から恐山菩提寺までは散策路が整備されていますが少々距離があるので、車で移動されればよいと思います。三途の川周辺にも駐車場が整備されています。




恐山おすすめの時期 ベストシーズン


 恐山の観光シーズンは霊場が開山する5月〜10月の間ですが中でも7月と10月に行われる大祭の時期はもっとも恐山らしい光景を見ることができます。参拝者の中には亡くなった人の供養の為に訪れる人も多いので騒いだりはしゃいだりするのは御法度ですが、法要の読経をあげるお坊さん達や境内で石を積み上げお供え物をする人達と賑やかながらもまさに霊場そのものの光景が広がっています。また多くの人が多くの人が参拝に訪れるとはいえストレスを感じるほど混雑しないのもおすすめする理由のひとつです。