箱根神社(九頭龍神社)への行き方・アクセス



箱根神社 路線図  箱根神社及び九頭龍神社 新宮のある元箱根は最寄りの駅は無く、バスもしくは車、船でアクセスすることとなります。最寄りの駅が無いとはいえ元箱根は箱根地区のターミナルとなるエリアですので、鉄道やロープウェイの各主要駅から複数のバス路線が接続している他、芦ノ湖を航行、遊覧する芦ノ湖観光船や海賊船に乗って元箱根の港に来ることも可能です。

目 次

箱根神社への行き方
 箱根湯本からの行き方
 船での行き方
 各新幹線停車駅からの行き方
九頭龍神社への行き方
 平常時
 月次祭時
箱根神社元宮への行き方




箱根神社


箱根神社への行き方


 以下に箱根神社への行き方についてご紹介していきます。

箱根湯本から

 伊豆箱根バス及び箱根登山バス「元箱根・箱根町」行きで約40分、元箱根バス停で下車 徒歩で10分 。このバスは小田原駅から乗ることもできます。なお東京や関西方面から箱根湯本駅までの行き方については別途「箱根湯本へのアクセス」のページを参照。

 

船で行くには

 芦ノ湖には元箱根港、箱根園、桃源台駅(湖尻)の三エリアに計七箇所の港があります。箱根神社がある元箱根の港には「芦ノ湖遊覧船」及び「箱根海賊船」の両方が寄港しており、湯元箱根駅から箱根登山鉄道に乗り強羅を経由しロープウェイ・ケーブルカーを乗り継ぎ最後は桃源台の港から元箱根に向かうことが可能です。このコースは時間や運賃はかかりますが、箱根地区をほぼ一周するゴールデンコースとなっています。

小田原・箱根湯本駅→【登山鉄道】→強羅→【ケーブルカー】→早雲山→【ロープウェイ】→桃源台→【海賊船もしくは観光船】→元箱根


新幹線停車駅から

JR小田原駅 伊豆箱根バス「元箱根・箱根町」行き 約60分
JR熱海駅 伊豆箱根バス「元箱根」行き 約60分
JR三島駅 伊豆箱根バス 「元箱根港」行き 約60分

箱根神社


九頭龍神社 本宮への行き方


 九頭龍神社は「箱根九頭龍の森」と呼ばれる公園内にあり、この公園への入園料として500円が必要となります(月次祭が行われる毎月13日は無料)。

通常時

 九頭龍神社は最寄りの駅やバス停などはなく、通常時は箱根園(ザ・プリンス箱根の駐車場)から歩くか、反対側の桃源台から歩くことになります。どちらも駐車場が整備されており所要時間は徒歩で20分ほどとなります。 箱根園へは湯元箱根駅から伊豆箱根バス箱根園行きで1時間、最寄りのバス停は「ザ・プリンス箱根」となります。また箱根神社から行く場合はバス停元箱根から伊豆箱根バス箱根園行きのバスに乗り「ザ・プリンス箱根」で下車。所要時間は10分ほどですがバスの本数は1日5便ほどなので事前に時刻表をチェックしておきましょう。この他元箱根港から箱根園港まで芦ノ湖遊覧船も運航しており料金はバスに比べ割高となりますが1日の本数が10〜15便と多く風光明媚な芦ノ湖の光景を楽しめるのが魅力です。


月次祭(毎月13日)

 九頭龍神社本宮は普段は公共の交通機関もなく訪れにくいところなのですが、毎月13日の月次祭には元箱根港から箱根芦ノ湖遊覧船の参拝船が出船しており、この参拝船を利用すれば20分程で九頭龍神社まで行くことができます。また小田原駅から伊豆箱根バスの九頭龍神社参拝バスが出ており、参拝船の出る元箱根まで直通きます


箱根神社

箱根神社 元宮


 駒ヶ岳山頂と聞けば行くのも困難な場所のように聞こえますが、実際は山頂まで「駒ヶ岳ロープウェイ」で行くことができ、駒ヶ岳山頂駅からはほぼ平坦な道を徒歩で10分ほどの所にあります。


箱根神社へのアクセスについて


格安航空券の料金比較・購入

 格安航空券の検索・予約を24時間リアルタイムで行うことができます。(全航空会社対象)
格安航空券


新幹線・JR特急券の予約・購入

 JRの新幹線・特急券が「JR東日本えきねっと」でお得に予約購入できます。
JRえきねっと


各レンタカー会社の料金比較

 全国12社のレンタカーを料金比較。タイムリーで最安値のレンタカーを選ぶことができます。
格安レンタカー


箱根神社周辺の宿

 神奈川県箱根を中心とした温泉・旅館・ホテル等の宿を予算に合わせて選べます。
温泉 旅館 ホテル 宿



周辺観光地の行き方


江の島 鎌倉 鎌倉大仏 鶴岡八幡宮 報国寺 銭洗弁天 長谷寺 大涌谷 箱根湯本 箱根神社 寒川神社 川崎大師 八景島シーパラダイス 横浜中華街