日本の観光地・宿東北の観光地・宿山形県の観光地・宿山寺(立石寺)
山形県の宿

山寺 立石寺 旅行記「松尾芭蕉 奥の細道」


 数ある芭蕉の名句のなかでも代表作のひとつといえるのが山形県の山寺(立石寺)で詠んだ「閑かさや 岩にしみいる 蝉の声」です。実は松尾芭蕉は当初山寺に寄る予定はなく尾花沢滞在時に「山形領に立石寺といふ山寺あり。慈覚大師の開基にして、殊に静閑の地なり。一見すべし」と勧められ急遽立ち寄ることになったものです。芭蕉は山寺には午後3時頃到着し宿坊に荷物預けそのまま頂上目指して登って行きます。そして物音が聞こえない静寂のなかで蝉の声を聞きあの名句を詠むのです。
蝉塚

松尾芭蕉の俳句をしたためた短冊を埋めたとされる所で石の塚が建てられ「蝉塚」と呼ばれている。
「閑かさや 岩にしみいる 蝉の声」 昔芭蕉もこのような光景をみて俳句を詠んだのだろうか。
山寺の蝉塚


蝉塚周辺の光景。正面に見える穴が無数に開いた岩が百丈岩。百丈岩の上に有名な納経堂や五大堂が建てられている。

蝉塚周辺の光景
芭蕉句碑と清和天皇御宝塔

立石寺の根本中堂のすぐ隣にある芭蕉句碑と清和天皇御宝塔。清和天皇は山寺を勅願寺とした平安時代前期の天皇で源氏の祖先にあたる。芭蕉の句碑は芭蕉の門人達が1853年に建てたもの。

芭蕉句碑と清和天皇御宝塔
古池

松尾芭蕉の俳句「古池や 蛙飛び込む 水の音」にあやかったのか本坊近くにある古池。近くには蛙岩とよばれる岩もあるり、オタマジャクシがたくさん泳いでいた。
注:上記の句は江戸屋敷の古池で考えられたといわれています。
山寺の古池
芭蕉が聞いた蝉の鳴き声
 芭蕉が山寺で聞いた蝉の鳴き声。つまり「閑かさや 岩にしみいる 蝉の声」の蝉の声は従前よりアブラゼミと思われてきました。ところがこれに異論を唱えニイニイゼミであると主張する研究家が現れました。この論争、具体的な鳴き声の記録が無い以上長引くものと予想されましたが、山寺周辺の自然生態を調べた結果あっさりと決着がつきました。答えは「ニイニイゼミ」。なぜなら芭蕉が山寺を訪れた旧暦の5月27日(現在の暦では7月15日)の頃はまだアブラゼミは羽化していないからです。芭蕉はニイニイゼミの「チィーーーー」という鳴き声を聞きあの名句を思い浮かべたのです。
山寺・立石寺のおすすめスポット情報
山寺・立石寺とはこんな所です 山寺 立石寺の観光・宿 山寺・立石寺ってどんなところ?
五大堂周辺 本堂(根本中堂) 姥堂 おびんずる様 仁王門
奥の院 大仏殿 立石寺 本坊 山寺・立石寺の光景 紅葉 奥の細道 蝉塚
階段 山寺駅 駐車場 地図
      
おすすめスポットの紹介