日本の観光地・宿東北の観光地・宿山形県の観光地・宿山寺(立石寺)
山形県の宿

山寺 立石寺 旅行記「奥の院と大仏殿」


 奥の院とは寺院の秘仏や開祖が安置されている場所でもっとも神聖で重要な場所とされている所です。山寺(立石寺)の奥の院は登山道を登っていった一番奥にあり、慈覚大師が唐や国内を巡行されたときに肌身離さず持ち歩いていたとされ現在では秘仏となっている釈迦牟尼仏と多宝如来の両尊が安置されています。
奥の院と大仏殿

山寺・立石寺の奥の院と大仏殿。山寺の一番奥に位置する。正面右側が奥の院と呼ばれ、左側が大仏殿と呼ばれている。奥の院には慈覚大師が中国で修行中に持ち歩いた釈迦如来と多宝如が本尊となっている。
山寺 奥の院・大仏殿
大灯籠

奥の院前にある巨大な灯籠。奥の院に続く階段の脇にある。材質は青銅だが一般的には金灯籠と呼ばれている。この灯籠は金華山、金比羅山の灯籠と共に日本三大灯籠と呼ばれている。
山寺の大銅燈籠
重文三重小塔

山寺・立石寺の重文三重小塔。奥の院から脇にそれた参道沿いにあり、くりぬかれた岩の中に朱塗りの三重の塔が置かれている。大きさは人の背丈ほどで意外と小さい。

山寺の重文三重小塔


山寺・立石寺の重文三重小塔。小さいながらも国の重要文化財に指定されている。登山道の一番奥の奥の院近くにある。なお分かりにくいがお堂の中に三重塔が建てられている。
重要文化財 山寺 立石寺の三重小塔
ポスト

山寺・立石寺の奥の院付近にあるポスト。山寺発の葉書を送ることができる。しかし毎日郵便の人が山寺の石段を登って葉書を取りにくるのだろうか?だとしたらかなりの重労働だ。
山寺・立石寺のポスト
山寺・立石寺のおすすめスポット情報
山寺・立石寺とはこんな所です 山寺 立石寺の観光・宿 山寺・立石寺ってどんなところ?
五大堂周辺 本堂(根本中堂) 姥堂 おびんずる様 仁王門
奥の院 大仏殿 立石寺 本坊 山寺・立石寺の光景 紅葉 奥の細道 蝉塚
階段 山寺駅 駐車場 地図
おすすめスポットの紹介