日本の観光地・宿東北の観光地・宿山形県の観光地・宿山寺(立石寺)
山形県の宿

山寺 立石寺 旅行記「本堂(根本中堂)」


 立石寺の根本中堂は国の重要文化財に指定されている東北唯一の宗門修行道場で、ブナで作られた天台宗の道場としては日本最古の建物といわれています。
 この根本中堂が立石寺の本堂であり、本尊で50年に一度しかご開帳されない「薬師如来」や建立当時に比叡山中堂より移され1000年以上も灯り続けている法灯があるところです。
根本中堂

山寺・立石寺の本堂。根本中堂とも呼ばれる。堂内で不滅の宝灯として輝いている火は、比叡山延暦寺に灯っている火から分けられており、織田信長によって焼き討ちされた延暦寺を復興する際には逆に立石寺から火を分けた。
山寺 立石寺の根本中堂


山寺・立石寺の本堂へ続く階段。お土産店が建ち並ぶ通りの一番奥にあり、ここが主な登山口となる。この階段の先に山寺立石寺の本堂である根本中堂がある。

山寺立石寺 本堂の入り口
日枝神社

山寺の登山口にある日枝神社。日枝神社には慈覚大師の開山にあたり、守護神として釈迦・薬師・阿弥陀三尊を安置している。山寺の登山口は向かって左側にある。
日枝神社
念仏堂

山寺の登山口にある念仏堂。念仏堂は修行道場で参拝客も写経をすることができる。売店や鐘楼などが建ち並ぶ山寺の参道にあり、念仏堂の左となりには登山口がある。
山寺 念仏堂
参道

山寺・立石寺のふもとの参道。日枝神社から登山口までの間には売店もあり、そこで名物「力こんにゃく」が売られている。山登り前に「力こんにゃく」を食べると力が湧き、山登りも苦にならないと言われている。
力こんにゃく
登山口 

山寺・立石寺の登山口。なかなか立派な門構えでここから1015段の石段を登ると大仏殿奥の院がある山頂にたどり着く。開山は8:00からで入山料は300円。門の左側はお土産店になっている。
山寺・立石寺の登山口
山寺・立石寺のおすすめスポット情報
山寺・立石寺とはこんな所です 山寺 立石寺の観光・宿 山寺・立石寺ってどんなところ?
五大堂周辺 本堂(根本中堂) 姥堂 おびんずる様 仁王門
奥の院 大仏殿 立石寺 本坊 山寺・立石寺の光景 紅葉 奥の細道 蝉塚
階段 山寺駅 駐車場 地図
      
おすすめスポットの紹介