日本の観光地・宿東北の観光地・宿山形県の観光地・宿山寺(立石寺)
山形県の宿

山寺 立石寺 旅行記「階段」


 山寺(立石寺)は山門から奥の院まで1015段の階段が続いています。この階段は一段一段登るごとに、欲望や汚れを消滅し明るく正しい人間なれると云われているありがたい石段なのですが、運動不足の方や足腰の弱い方には少々きつく、途中でリタイヤしてしまう方の姿も結構見られます。
 山寺参拝時には自分の体力や季節などを考慮して計画的に参拝しましょう。なお山寺では杖を貸し出しているほか、中間地点の仁王門付近に休憩所が設けられています。
仁王門付近の光景

山寺の仁王門付近の光景。中央に見える大きな社が仁王門。個人的には仁王門付近の階段が一番勾配がきついように感じた。
山寺の階段 仁王門付近
参拝客

山寺の参拝客。山寺を参拝するには必ず1015段の石段を登って行かなくてはならない。登山道入り口では杖も貸し出しており杖をついて階段を登っていく参拝客の姿も多い。
山寺、立石寺の参拝客
参道

山寺・立石寺の参道。道沿いにはたくさんの石塔や岩に掘られた神仏が見られる。また岩盤のあちこちに石塔の形を陰刻したものがあり境内の光景は特に信仰心が厚い人でなくとも心を打つものがある。
山寺・立石寺の参道
四寸道

山寺・立石寺に入山してすぐの光景。四寸道と呼ばれる辺り。姥堂から四寸道まではたくさんのお墓があり、お墓の間を縫うように階段が続く。昔ながらの修験道で一番せまいところの道幅は約14センチ。
山寺・立石寺 四寸道
性相院

石段が続く登山道のような山寺の参拝道も仁王門をくぐると様相が変わり、きれいな石造りの階段へと変わる。また一部整地された平らな道もあり寺社の境内らしい光景となる。
山寺 性相院付近の光景
山寺・立石寺のおすすめスポット情報
山寺・立石寺とはこんな所です 山寺 立石寺の観光・宿 山寺・立石寺ってどんなところ?
五大堂周辺 本堂(根本中堂) 姥堂 おびんずる様 仁王門
奥の院 大仏殿 立石寺 本坊 山寺・立石寺の光景 紅葉 奥の細道 蝉塚
階段 山寺駅 駐車場 地図
おすすめスポットの紹介