十和田湖 旅行記「紅葉」



 十和田湖八甲田奥入瀬渓流と並び称される紅葉の名所。十和田湖の紅葉が始まる時期は標高の高い八甲田周辺はすでに終盤をむかえていますが、十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流上流域は、ちょうど十和田湖の紅葉見頃の時期と重なります。この為、時間に余裕のある方は午前中に奥入瀬渓流で紅葉狩りをしながら散策し、午後は十和田湖遊覧船に乗り湖上から紅葉を眺めるといった楽しみ方もできるのです。

紅葉が見頃となる時期
 10月中旬〜10月下旬

主な紅葉スポット
 休屋の御前ヶ浜、十和田湖遊覧船発荷峠御鼻部山等の各展望台。


紅葉の時期の交通規制及び渋滞(混雑)状況


 十和田湖の周遊道路自体は紅葉のハイシーズン時でも渋滞し車が立ち往生するようなことはありません。ただし各展望台や遊覧船乗り場がある子ノ口の駐車場は午前中の早い時間帯から満車となってしまいます。ただし十和田湖駐車場のなかでもっとも規模の大きな休屋の駐車場は満車となってしまうことはめったにありませんから、紅葉の時期は午前中の早い時間帯に各展望台を巡り、最後に休屋に行くようにするとよいでしょう。
 また交通規制については通常十和田湖周辺で行われることはありませんが、八甲田・八戸方面から十和田湖に通じる国道102号線が紅葉の時期に環境保全の目的で通行止めとなります(奥入瀬渓流エコツーリズム)。この時は迂回路が確保されている為、十和田湖方面に車で行くことは可能です。



各紅葉スポットの光景


 各紅葉スポットの位置は別途「十和田湖 案内地図」を参照。

敢湖台(かんこだい)

十和田湖 紅葉 敢湖台から眺めた十和田湖の紅葉。真っ青な湖面に切り立った白い崖、そして紅葉した木々と見事な光景を見せてくれます。 十和田湖が紅葉の盛りを迎えるのは10月の中旬から下旬にかけて。この時期は各展望台のほか観光遊覧船からも見事な紅葉を楽しむことができます。なお写真中央に見えるのが観光遊覧船。

発荷峠

発荷峠から見た十和田湖 発荷峠から見た十和田湖。ちょうどよい具合に紅葉しています。この日は天気も良く湖の色も真っ青で、訪れた観光客達も一様にその美しさに魅入っていました。

休屋の御前ヶ浜(ごぜんがはま)

紅葉の御前ヶ浜 十和田湖休屋の御前ヶ浜(ごぜんがはま)。紅葉した木々のおかげで砂浜まで紅く見え、訪れた観光客を楽しませてくれます。この先には十和田湖観光の象徴でもある「乙女の像」があります。

和井内

紅葉の十和田湖 和井内 紅葉の時期の十和田湖の和井内。和井内には車数台を停める事ができる駐車場があり、十和田湖の光景を眺めることができます。なお光景は10月上旬のもので、時期的に紅葉には少々早かったようです。<hr>

小石が浜

紅葉の十和田湖 小石が浜 紅葉で色づいた十和田湖の小石が浜。澄んだ湖面に岩が浮かんでいるように見える小石が浜は十和田湖の隠れ名所ですが、紅葉の時期はさらに風情が増します。

御倉半島

十和田湖 御倉半島 十和田湖の御倉半島。紅葉に色づいた山並みが十和田湖の湖面に写っています。遊覧船に乗れば御倉半島を反対側から見ることもできます。